Innovative Automation in Laboratory Monitoring

Cell and gene therapy manufacturing lab monitoring
Life Science

Webinar

Changes in a laboratory’s temperature, relative humidity, CO2 levels, and more can wreak havoc on product and data. It is crucial for lab staff to have real-time, easily accessible monitoring solutions to ensure that work and profit are not lost if the lab experiences an emergency situation.
 
Vaisala’s viewLinc continuous monitoring system’s primary purpose is to protect your product from extreme environmental conditions. When considering patient safety, viewLinc ensures that your product’s quality remains uncompromised during its production and storage.
 
Senior GxP regulatory expert Paul Daniel will discuss the limitless monitoring capabilities of a cell and gene therapy facility and how viewLinc’s user friendly software, easy setup, and multiple levels of data redundancy ensure you provide your best product to patients.

Register here

See our Privacy Policy for more details.
You can modify your preference settings or unsubscribe at any time here

講演者:

Paul Daniel

ポール・ダニエル

シニア レギュラトリ・コンプライアンス・エキスパート

Paul Danielは、ヴァイサラのシニア レギュラトリ・コンプライアンス・エキスパートです。GMP規制準拠が必要な業界で20年以上にわたり、医薬品企業様の優れた製造プラクティスを幅広い適格性プロジェクトに適用するサポートを行ってきました。その専門性の領域には、マッピング、モニタリング、コンピューターシステムなどが含まれます。

ヴァイサラでは、ヴァイサラviewLinc環境モニタリングシステムのバリデーションプログラムを監督・指導しています。また、viewLinc環境モニタリシステムが、ライフサイエンスと規制環境下のアプリケーションの最も厳しい要件に準拠するための、カスタマー支援の役割も担っています。

さらに、ブログの寄稿、ウェビナー、世界各地でのセミナーを通して、GMPに関する見識を提供しています。要求の厳しいGxP業界における専門知識は、製品の品質のために計測が重要である業界すべてに適用することができます。Paul Daniel はカリフォルニア大学バークレー校で生物学の学士号を取得しています。