スプレー乾燥のモニタリング

スプレー乾燥の最適化により、エネルギーとコストを節減

Drying Simulator

最適の条件を見つけ、それを安定させることは、コストとエネルギー効率を軽減する製造の鍵となります。お試しくださいインタラクティブな乾燥シミュレータで、湿度計測がより効率的なエネルギーの使用と生産量の増大をもたらす仕組みをご確認ください。

食品の乾燥については、例えば、ほとんどのエキスパートは、微生物の繁殖を防ぎ、製品の安全を保つためには十分な乾燥を行うことが重要であるとしています。一方、乾燥工程を最小限に抑えることでエネルギーとコストの節約になることが、乾燥シミュレータで確認されています。その鍵となるのは、投入量または湿度レベルをエネルギー使用を最小限に抑えるのに十分なほど増大させることですが、少なすぎても最終製品の品質が損なわれます。

設定レベルに関しては、最終製品に望まれるaw(水分活性)値などの製品の性質によって異なります。最適な投入量は乾燥する製品によって異なるため、万能の乾燥理論などは存在しないのです。これは基本的に、最適な排気の相対湿度または露点レベルを特定する製造メーカー次第なのです。しかし、乾燥段階では、求めるレベルにかかわらず、粘着点、吸着等温線、ガラス転移点(Tg)などのパラメータの数値を熟知し、正確で安定したHUMICAPセンサの計測で状態を安定させることが不可欠であり、費用効果とエネルギー効果を向上させる製造プロセスの開発に対する重要な方法なのです。

関連製品

Vaisala HUMICAP® HM70 Handheld humidity meter is designed for demanding humidity measurement in spot-checking applications.

HM70 ハンディタイプ湿度温度計

ヴァイサラ HUMICAP® HM70 ハンディタイプ湿度温度計は、厳しい条件における湿度計測のスポットチェック用に設計されています。

プローブ付きIndigo520

Indigo500シリーズ 変換器

ヴァイサラIndigo500シリーズ 変換器は、ヴァイサラIndigoシリーズのスタンドアロン型スマートプローブ用のホストデバイスです。Indigo500シリーズには、多機能のIndigo520 変換器と、基本機能を備えたIndigo510 変換器があります。

DMT340シリーズ 露点変換器

耐結露性の高いDMT340は工業用乾燥工程、圧縮空気システム、半導体産業、ドライルーム、調理用オーブン、金属処理など産業用の低露点環境における計測に適した設計です。

HMP7 湿度温度プローブ

ヴァイサラ HUMICAP® HMP7 湿度温度プローブは、計測性能や多くの化学物質への耐性が重要となる、乾燥室やテストチャンバー、空調用空気、その他の環境試験器や気象観測機器などの常時高湿度または急速な湿度変化が伴う用途向けに設計されています。

The Compact Vaisala HUMICAP® Humidity and Temperature Probe HMP9 is designed for easy installation in rapidly changing environments.

HMP9 極細湿度温度プローブ

ヴァイサラHUMICAP® HMP9 湿度温度プローブは、素早い応答性や計測性能、多くの化学物質への耐性が重要となる、急速に変化する環境に簡単に設置できるように設計されています。

関連事例

湿度管理
ブログ | Oct 25, 2018

相対湿度 – その定義と重要な理由

相対湿度 – その定義と重要な理由 相対湿度の基本情報 相対湿度(RH)とは、簡単に言うと、空気の水蒸気含有量を表す尺度です。より明確に言えば、相対湿度(RH)とは、空気中に存在する水蒸気の量を、同一温度で飽和状態にさせるのに必要な量に対する割合(%RH)で表したものです。...
続きを読む