サウンディングシステムとラジオゾンデ

当社のシステムは、正確な大気データを提供し、最も過酷な条件下においても影響の大きい天候を確実に予測します。

25
+

年にわたる自動サウンディングシステムの納入実績

1200
+

日々実施される高層気象観測回数

1931

ヴァイサラが初めてラジオゾンデの実験を行った年

高品質の気象観測を1つに統合

ヴァイサラのサウンディングシステムは、サウンディングの制御、データ処理、カスタマイズ形式での出力を統合します。ヴァイサラのサウンディング機器とソフトウェアの組み合わせは、観測データの処理、解析、保存、中継に使用され、最適なネットワーク、検出、監視を実現します。その他の利点は次のとおりです。

  • ハードウェアとソフトウェアの両方の柔軟性と将来のアップグレード可能性
  • 優れたテレメトリーリンク性能と帯域幅効率

当社のサウンディングシステムは、気圧、気温、相対湿度、風向風速の計測など、あらゆる気候帯のあらゆる大気条件と気象条件をカバーするセンサを搭載したヴァイサラのラジオゾンデによって補完されています。

海を背景にラジオゾンデを空に放球するヴァイサラのサウンディングシステム
ガラス張りの会議室に集合し、連携するヴァイサラのチーム

当社の観測システムの性能を見極めてください

ヴァイサラのサウンディングシステムとラジオゾンデが気候学の傾向において果たす重要な役割と、変化していく状況下でそれらがどのように確実に機能するかをご紹介します。焦点が対流性の気象、冬の降水量、または大気圧であるかどうかにかかわらず、ヴァイサラ技術の信頼性の高い精度によってどのように特定の予測ニーズを改善できるかをお問い合わせください。

お問い合わせ先