食品、飲料および農業

科学の力で食を変える

食品科学に関するeBookをダウンロードする

食の科学、持続可能な未来

食品飲料業界では、より持続可能な未来に向けた変革が進んでいます。十分な情報に基づいた意思決定を行うには、信頼できる計測データが必要です。

一次生産から食卓に至るまで、ヴァイサラは可視化の手段を提供しています。

今後も、食品や飲料の品質、風味、安全性、栄養価に影響を与える重要なパラメータについて、信頼性の高い計測データを提供していきます。

(画像をクリックすると拡大します)

ヴァイサラの食品科学に関する最新情報

環境への配慮が求められる中、食の未来はどう変わっていくのでしょうか。
食品飲料業界はあらゆる面で変化を求められています。気候危機に対する解決策の一助であることも相まって、持続可能性、安全性、健全性を求める声が強まっています。

ヴァイサラの専門家の記事では、ますます都市部が増加し豊かになる世界人口の食糧課題に取り組む上で、今後必要になることについて取り上げています。

全文を読む

Vaisala Food & Science

ウェブキャスト:食の未来

これからの食糧生産はどうなるのでしょうか。食糧生産は気候危機を緩和する一助となるのでしょうか。垂直農法と都市内農業は景観を変えてしまうのでしょうか。培養肉によって食糧危機を過去のものにすることはできるのでしょうか。火星では何を食べることになるのでしょうか。

このような先見的なトピックについて、パネルディスカッションで集中的に取り上げます。このパネルディスカッションには、先見の明のあるバイオテクノロジー科学者である Lauri Reuter博士(シンギュラリティ大学)、ヴァイサラのJutta Hakkarainen(液体計測ディレクター)とMaria Uusimaa(産業計測ディレクター)が登壇し、食品飲料業界だけでなく地球全体で直面している一大課題への取り組みについて話します。

ウェブキャストに申し込む

農業と一次生産


現代の農家は、管理者として、生産量を高めるために高品質の農産物と動物福祉の安定した条件を確保する必要があります。

二酸化炭素(CO2)、相対湿度、温度を監視することで、一次農業生産における温室や垂直農法施設、家畜施設内の状態を新たな水準に引き上げることができます。

当社の一次生産および農業向けソリューションをご覧ください。

詳細を見る

輸送、保管、安全性

農産物の保管可能期間、鮮度、味、安全性は、輸送と保管の状態によって大きく左右されます。温度、湿度、二酸化炭素を正確に監視および制御することで、食品の適切な保管、さまざまな目的地の消費者向けの果物や野菜、旬の食材の適時熟成、保管および生産担当者の作業の安全性を確保できます。

保管、輸送、安全性のためのヴァイサラのソリューションをご覧ください。

詳細を見る

食品/飲料の加工

ここでは、食品および飲料加工の持続可能性と効率を実現する方法に関してご紹介しています。

液体食品および飲料の加工におけるインラインBrix値、乾燥固形分または全固形分、乾燥プロセスにおける湿度と露点、生産および冷凍施設の二酸化炭素(CO2)などの重要な加工パラメータを計測することで、生産の効率と安全性、食品廃棄物の排除、エネルギーの使用量の削減を実現できます。

ヴァイサラの食品/飲料加工用ソリューションをご覧ください。

詳細を見る

小売およびサービス業

製品の品質、生産性、安全性、およびスタッフ、顧客、請負業者の全体的なウェルビーイングを高く維持し、運用コスト効率を高め、エコロジカル・フットプリントを削減するために、食品小売店は、高い信頼性、安定性と低い所有コストを両立した二酸化炭素監視機器を備える必要があります。たとえば、冷蔵庫の漏れは、独自の認定技術を備えた当社のプローブを使用して制御できます。

ヴァイサラの食品小売用ソリューションをご覧ください。
 

詳細を見る

食品廃棄物を価値あるものに

一次生産時に出る農業廃棄物と加工時に出る食品廃棄物は、バイオガスの生産に利用できます。嫌気性消化の副産物として、高栄養素含有肥料を得ることができ、資源を多く消費する肥料の代わりに農場で使用することができます。次に、バイオガスは、電気と区域暖房用に利用できます。

さらに、バイオガスは燃料用バイオメタンにアップグレードできます。

当社のバイオガスおよびバイオメタン生産用ソリューションをご覧ください。

詳細を見る

このトピックについてさらに詳しく知る

「食の未来」ウェブキャストに参加する

食の一大トレンドと未来に関するパネルディスカッションにぜひご参加ください。このパネルディスカッションには、先見の明のあるバイオテクノロジー科学者であるLauri Reuter博士(シンギュラリティ大学)、ヴァイサラのJutta Hakkarainen(液体計測ディレクター)、Maria Uusimaa(産業計測ディレクター)が登壇します。

今すぐ登録する

食品科学に関するeBookで詳細を見る

食品科学に関するこのeBookでは、食品、飲料、農業業界で話題の課題を詳細かつ簡潔に説明し、そうした課題をチャンスに変える方法について説明しています。データに基づいた意思決定を行い、食糧生産の持続可能性に向けた準備を整える方法をご覧ください。

eBookを入手

食の未来のためのヴァイサラのソリューション

インラインBrix値、全固形分または液体濃度、湿度、温度または露点、二酸化炭素(CO2)またはメタン(CH4)を計測するヴァイサラの堅牢な技術をご覧ください。食品向け製品シリーズのカタログで、食品、飲料、農業向けの厳選されたソリューションをご覧ください。

クリックしてダウンロードする

Read more about the food of today and the future

ヴァイサラが選ばれる理由

ヴァイサラは、食品/飲料業界および農産業向けの産業計測および計装ソリューションの主要プロバイダーです。ヴァイサラは信頼性に優れた高品質の機器の設計および製造に関して 80 年を超える経験を有し、きわめて厳格な衛生管理要件を順守した、正確で高精度の制御および監視装置を提供することで、お客様の効率性と持続可能性の実現をお手伝いいたします。ヴァイサラの全製品は、フィンランド国内の自社製造施設において厳格管理された環境下で製造されています。

ヴァイサラは装置メーカーとして 3-A SSI 委員会に参加しており、食品接触材およびインライン処理装置の設計と組立に際して最高水準の衛生工学を適用することに力を注いでいます。

お問い合わせ