Indigo 200シリーズ ホストデバイス

ヴァイサラ Indigo 200シリーズ ホストデバイスは、ヴァイサラ Indigo製品シリーズに属しており、ヴァイサラの湿度計測用(HMP4、HMP5、HMP7、HMP8、HMP9)、温度計測用(TMP1)、CO2計測用(GMP251、GMP252)、過酸化水素蒸気計測用(HPP270シリーズ)の各種インテリジェントプローブに対応しています。HPP270シリーズには過酸化水素蒸気(ppm)計測に特化したHPP271と、過酸化水素蒸気(ppm)、温度、湿度(相対湿度と相対水分飽和度)が計測できるHPP272があり、HPP272プローブは露点や水蒸気圧などの算出も可能です。

代表的な用途として、ライフサイエンス用インキュベータ、セッター/ハッチャー(孵卵器)、温室、低温貯蔵庫および冷蔵庫、食品輸送、CO2警報用途、動物保護施設/室内プール/駐車場などのHVAC用途、過酸化水素蒸気を使用した汚染を行う施設などが挙げられます。

Indigo 200シリーズでは、スマートフォンを用いて簡単に計測データを確認することができます。設置も安易で、作業時間を節約します。また、各種プローブは交換が可能なため、ダウンタイムを短縮します。IP65クラスのハウジングは、過酷な環境や埃、多くの化学物質に対する耐性を備えています。ハウジングの滑らかな表面は、清掃しやすい設計となっています。

 

Features
ヴァイサラのIndigo製品シリーズのプローブ用プラグアンドプレイ接続
設定や計測値確認のためのワイヤレスインターフェース
動作温度範囲:-40~+60°C、ディスプレイ付き -20~+60°C
カラー液晶ディスプレイ(オプション:ディスプレイなしモデル)
IP65準拠のハウジング
24V電源入力
Indigo 201モデル:3チャンネルのアナログ出力(mAまたはV)
Indigo 202モデル:Modbus RTU(RS-485)
2つの設定可能なリレー
+ さらに表示

特長

データへの容易なアクセス
データの閲覧や評価が、ワイヤレス環境下でも簡単に行えます。
厳しい環境向け
IP65準拠のハウジングは、過酷な環境や埃、多くの化学物質に対する耐性を備えています。ハウジングの滑らかな表面は、清掃しやすい設計となっています。
設置が容易
ヴァイサラ Indigo製品シリーズのセンサプローブとのプラグアンドプレイ接続で、作業時間とダウンタイムを短縮します。

導入事例