H2O2 汚染除去の計測、モニタリング、および管理

効果的なプロセス、サイクル開発、検証

過酸化水素はアイソレータ、病室、トランスファーハッチ(パスボックス)などのさまざまな用途における環境に優しい汚染除去方法です。過酸化水素蒸気(過酸化水素)の濃度が汚染除去の過程で計測され、プロセス条件が達成されたことを確認することができます。

繰り返し行う汚染除去プロセスにわたって精度を維持するために、PEROXCAP® センサには 2 つの機能、センサ素子の継続的な加温機能とパージ機能(断続的な短時間の加温機能)が組み込まれています。加温機能はセンサの結露を防止し、パージ機能はセンサを急速に加熱することで汚染物質を飛ばし影響を最小限に抑えます。HPP270 シリーズプローブインテリジェント計測技術は、高湿度の困難な汚染除去条件においても、次の校正まで計測精度を維持するのに役立ちます。

  • アイソレータ、cRABS
  • Transfer Hatches & chambers
  • 蒸気発生器
  • インキュベータ
  • 生産ライン
     

H2O2 の計測:相対水分飽和度

PEROXCAP® センサ技術には、2 つの HUMICAP® センサが使用されています。1 つは触媒レイヤがある HUMICAP® センサ、もう 1 つは触媒レイヤなしの HUMICAP® センサです。触媒レイヤは、混合蒸気の過酸化水素へ触媒作用を起こします。したがって、触媒レイヤがある HUMICAP® センサは、水蒸気のみを感知し、相対湿度(RH)を計測します。もう 1 つの触媒層なしの HUMICAP® センサは、過酸化水素蒸気と水蒸気の混合蒸気を感知します。この 2 つのセンサの計測値の差異が、過酸化水素の蒸気濃度を示します。HPP272 プローブにはさらに、温度プローブが装備されており、プロセス温度と湿度(相対湿度と相対水分飽和度)のモニタリングができます。また、汚染除去の重要なパラメータである露点と蒸気圧の計測も可能です。HPP271 プローブオプションを使用すると、過酸化水素の体積比 ppm の計測が可能になります。

除染ガイド(BIO-DECONTAMINATION GUIDE)をダウンロードする(英語のみ)

PEROXCAP® の利点

  • 再現可能な計測を実現する独自の高分子薄膜静電容量式センサ
  • 高湿度の除染条件でも安定
  • 1 つのデバイスで複数の計測
  • 現場校正またはトレーサブルな工場出荷時の校正
続きを読む

HPP270シリーズ 過酸化水素・湿度・温度プローブ

ヴァイサラ PEROXCAP® HPP270シリーズプローブは、デジタル出力とアナログ出力の双方を備えています。このプローブは、除染プロセスにおいてH2O2蒸気を使用するメーカー、サービスプロバイダーおよびエンドユーザーを対象に開発されました。本製品では、H2O2 に加え、相対水分飽和度と相対湿度を参照して温度と湿度が計測され、モニタリングと制御の両方に使用することができます。HPP270シリーズプローブを使った効果的な除染方法の詳細については、以下の記事をご覧ください。

プローブはオプションのヴァイサラ Indigo 変換器とともに使用することや、スタンドアローン型プローブとして使用することができます。Indigo 変換器により、容易なユーザーインターフェースが提供され、プロセス要件に応じて設定することができます。Indigo にはプラグアンドプレイプローブ接続、LCD カラーディスプレイ(アナログモデル用のオプションのディスプレイ無しモデル)、および IP65 準拠の筐体が付属しています。プローブの設定、校正、および調整を容易にするために、プローブをヴァイサラの Insight ソフトウェアに接続することができます。

HPP270

関連製品

プローブ付きIndigo520

Indigo500シリーズ 変換器

ヴァイサラIndigo500シリーズ 変換器は、ヴァイサラIndigoシリーズのスタンドアロン型スマートプローブ用のホストデバイスです。Indigo500シリーズには、多機能のIndigo520 変換器と、基本機能を備えたIndigo510 変換器があります。

過酸化水素蒸気による除染の参考文献

Calculator

H2O2 計算・変換ソフト

この過酸化水素蒸気計算・変換ソフトを使用すると、閉鎖系および開放系での、または自由蒸発条件での除染プロセスをシミュレーションできます。使用するには、除染方法を選択し、位相持続時間、温度、噴射率、H2O2液体濃度などのパラメータを入力するだけです。

続きを読む

Webinar

vH2O2 Calculator: How to simulate conditions in bio-decontamination processes

Learn how to simulate bio-decontamination conditions in closed and open systems, or under free evaporation conditions using our online H2O2 Calculator.

Register to watch

eBook

Hydrogen peroxide vapor technical eBook

In this technical eBook you will learn the fundamental conversion formulas that pertain to hydrogen peroxide vapor. These formulas allow you to make your own calculations.

Learn more

ブログ

過酸化水素蒸気(H2O2)とエチレンオキシド蒸気(EtO)

お客様の現場を訪問する中で、除染や滅菌のトレンドがわかってきました。当社のお客様やOEM委託元の企業の多くが、エチレンオキシドよりも、過酸化水素蒸気の使用が増加すると予測しています。このトレンドを理解するために、過酸化水素蒸気とエチレンオキシドを比較し、それぞれの最適な用途を定義します。

続きを読む

Blog

Vaporized Hydrogen Peroxide Bio-Decontamination Q&A

In our webinars we have gone through several topics related to H2O2 bio-decontamination and we have received a lot of questions.

Learn more

Blog

Field Comparison of Hydrogen Peroxide Measurement Systems for Isolators

Vaisala supplied Nieskes with a Vaisala HPP272 probe combined with the Indigo201 transmitter for testing purposes.

Learn more

アプリケーションノート

アイソレータ、cRABS、トランスファーハッチ(パスボックス)での過酸化水素蒸気による除染

このアプリケーションノートでは、アイソレータ、閉鎖型アクセス制限バリアシステム(cRABS)およびトランスファーハッチ(パスボックス)(TH)での過酸化水素蒸気についてご説明します。アイソレータの除染に着目していますが、同じ原理がその他の安全ユニットと浄化ユニットにも適用されます。

アプリケーションノートを読む

アプリケーションノート

過酸化水素蒸気による室内の除染

過酸化水素発生器は集中治療室、手術室、緊急治療室、救急車、血液バンク、食品や飲料の処理エリアや保管エリア、動物施設、検査室、処置室など、室内の除染に使用されます。このアプリケーションノートでは、大型のチャンバーや室内での過酸化水素蒸気の使用に関する概要を記載しています。

アプリケーションノートを読む

Blog

Comparing Four Different Hydrogen Peroxide Bio-Decontamination Validation Processes

There are different ways to verify that a vaporized hydrogen peroxide bio-decontamination process is working effectively, each with its own pros and cons.

Learn more