HMP7 湿度温度プローブ

ヴァイサラ HUMICAP® HMP7 湿度温度プローブは、計測性能や多くの化学物質への耐性が重要となる、乾燥室やテストチャンバー、空調用空気、その他の環境試験器や気象観測機器などの常時高湿度または急速な湿度変化が伴う用途向けに設計されています。HMP7 湿度温度プローブはIndigo製品シリーズに属しており、Indigo 200シリーズ ホストデバイスInsightソフトウェア(無料)に対応しています。

* 加温機能を使用する場合は別途温度プローブが必要になります。

Features
湿度精度:±0.8%RH、温度精度:±0.1°C
温度計測範囲:-70~+180°C
耐圧気密構造
プローブ上の結露を最小限に抑える加温機能 (別途温度プローブが必要)
ケミカルパージによる優れた化学物質への耐性
Indigo 200シリーズ ホストデバイスとプラグアンドプレイでの互換性あり
Modbus RTU(RS-485)
トレーサブルな英文校正証明書:湿度は5点、温度は1点
+ さらに表示

特長

実績を誇るヴァイサラHUMICAP® の性能
ヴァイサラは、湿度計測の業界標準となっている高分子薄膜静電容量式による湿度計測技術のパイオニアです。
高湿度環境での結露回避
プローブ加温機能は、センサだけでなく、プローブヘッド全体が加温されます。加温されたプローブの温度が露点温度よりも高ければ、プロセスの露点温度計測時にプローブ上の結露を回避できます。

* 加温機能を使用する場合は、別途温度プローブが必要となります。
接続選択肢が豊富
本プローブは、ヴァイサラ Indigo 200シリーズ ホストデバイスとプラグアンドプレイでの互換性があり、単独でデジタルModbus RTU変換器としても使用できるほか、ヴァイサラ Insight ソフトウェアと接続することもできます。

導入事例

石膏ブロックの前に立つ Isolava のプロジェクトエンジニアの Peter Vameyghem 氏(左)とヴァイサラセールスマネージャーの Marc Mangelschots
Success Story

Isolava、乾燥プロセスの最適化により、エネルギー消費量を削減するとともに最終製品の品質を改善

1963 年に設立された Isolava は、建設業界向けの石膏プラスターブロックメーカーであり、1990 年より Knauf グループに加わっています。生産プロセスで最もエネルギーを消費するのは乾燥です。このプロセスでは、湿ったブロックがカートに積み込まれ、4...
続きを読む