blog

Indigo500シリーズの|デュアルプローブサポート

ラボ向け Indigo
Justin Walsh_Vaisala
Justin Walsh
Business Development Engineer
Published: May 19, 2020
屋内/室内空気質
温室/室内農業
産業製造・プロセス
産業計測
イノベーション・インスピレーション
ライフサイエンス

デュアルプローブサポートとは、独立した2つの計測装置と連携し、そのデータを表示、記録、および送信する単一の変換器またはモニタリング装置の機能を指します。この機能により、複数のパラメータや豊富なパラメータを同じ空間や別々の場所でより簡単に監視できるようになります。

2つのプローブで2つの異なるパラメータを計測する利点

環境やプロセスは多くの場合、複数の場所でさまざまなパラメータを監視する必要があります。製品の品質とエネルギー効率を確保するために、単一プロセスの吸気口と排気口の両方の状態を監視するのが一般的です。取り付ける場所が限られている場合、2つのプローブを備えた変換器1台を使うことが便利で実用的な選択肢です。例えば、複数のオイル脱水機を装備したオイル処理施設や1台の変換器で2つのオーブンを個別に監視できるパンの最終発酵工程(複数のオーブンを使用する場合)が挙げられます。

ライフサイエンス業界では複数のパラメータを 1 か所で監視することはよくあり、これには複数のセンサが必要です。過酸化水素による除染など特定の用途では、温度と気流にばらつきがある場合、より広い空間で複数の計測箇所が必要になることがあります。

このようなケースには、変換器を1台のみ使用して通信を簡略化し、整備された設置レイアウトを実現することができます。また、場合によっては設置コストや手間が抑えられ、所有コストの削減につながります。
 
総合的には、空間やプロセスの状態を把握できる範囲が広がることが2つのプローブで2つの異なるパラメータを計測するメリットです。複数の変数が製品の品質や運用のエネルギー効率に影響を与える場合、計測デバイスの設置スペースに制限されないことで、制御の判断を行うためのより良い見識や情報が得られます。 

使用可能な組み合わせ

ヴァイサラは湿度、温度、露点、二酸化炭素、オイル内水分、および過酸化水素蒸気など、さまざまな計測パラメータ用のスマートプローブを提供しているため、プローブの組み合わせは数多く考えられます。対応するスマートプローブでは、プローブの組み合わせの制限はありません。

ライフサイエンス用インキュベータの計測は多くの校正チェックにより継続的に行われます。そのため、インキュベータに GMP251 CO2 プローブと HMP9 湿度温度プローブの組み合わせを使用して、正確なpHレベルと湿度レベルを確保することができます。

流動層乾燥機、プラスチックの乾燥、およびカプセルへのコーティング塗布といった用途では、露点プローブを乾燥機の吸気口に設置し、湿度温度プローブを排気口に設置する組み合わせを使用できます。 

高い結露が伴う高湿環境では、加温プローブを水分レベルの計測に使用し、温度プローブを相対湿度などの変数の計算に使用できます。

高度な圧縮空気乾燥機では、2つの露点プローブを使用して乾燥機の排気口とパージエアを監視し、エネルギー効率を高めることができます。

また、オイル処理作業では、オイル内水分と空気の露点を監視して、オイルを充填する容器の乾燥度を確認することをお勧めします。

最もメリットを得られる業界と用途

デュアルプローブサポート付きの変換器のメリットを得られる用途がいくつかあります。空気をプロセスに供給し、排気を監視してそのプロセスの効果を判断する用途では、吸気口と排気口にデュアルプローブを使用できます。基本的に、プロセス前後の状態を計測する必要があるプロセスには、デュアルプローブサポート付きの変換器を使用できます。エネルギー資源やプロセス時間はこのような状態の影響を直接受けており、製品の品質を維持または保護するための制御判断をリアルタイムで行うことができます。

さらに、さまざまな場所で同様の計測が必要な用途では、単一の変換器に接続されたリモートプローブを使用できます。これにより、電力供給と通信支援が簡略化されます。ヴァイサラ Indigo500シリーズのPoE(Power over Ethernet)オプションに必要なのは、さまざまなパラメータ用の計測装置2台の電源供給と通信用のイーサネットケーブル1本のみです。

もう1つのメリットは、設置した変換器を取り外すことなく変換器から計測プローブを交換できることです。スペアプローブと簡単に取り替えて使用できるため、校正作業に役立ちます。プロセスの状態が変化した場合や、さまざまな状態を計測する場合にも柔軟性を発揮します。たとえば、乾燥機や環境試験チャンバーのメーカーがユーザの様々な状態向けに計測機器を提供する場合、1種類の変換器に標準化し、多様な状態用のプローブを提供できるようにすることにより、提供する製品を簡略化し、ユーザに最大の柔軟性を提供することができます。 

Indigoシリーズの詳細については各リンク先をご覧になるかこちらからお問い合わせください。

Add new comment