絶縁油中水素(H2)の計測とモニタリング

ビデオを視聴

ヴァイサラ MHT410 オイル内水分水素温度変換器

絶縁油中水素を計測する理由

水素は、変圧器のさまざまな不具合で発生する一般的なガスです。水素計測は、たとえば電力用変圧器器で実際に故障が発生する前の、簡易の早期警告インジケータとして使用できます。

MHT410のプローブ設計

ヴァイサラの水素計測の独自性

ヴァイサラのMHT410は、2つの薄膜センサと温度センサを組み合わせて、絶縁油中の水素および水分をリアルタイムで直接計測することができます。最も特筆すべき点は、センサで絶縁油を直接計測することで、消耗部品が不要でメンテナンスコストのかからない長期的な現場運用が可能となる点です。

  • 絶縁油中の水素を直接計測。
  • Humicap®センサは、絶縁油中の油中水分飽和度(%RS)を正確に計測します。
  • オイル内の汚染物質に影響されない選択性の高いセンサ。
  • メンブレンなどの消耗部品なし。
  • メンテナンスが必要なポンプや機械部品なし。

水素計測の特長

リアルタイムで確認

電力用変圧器内の絶縁油中水素と水分を常時監視することで、変圧器の状態をリアルタイムで確認できます。リアルタイムのデータにより、メンテナンスが最適化されます。

 

製品寿命の延長

直接計測するプローブを使用した水素および水分の常時監視は、状態基準保全(CBM)の実施を通して変圧器の製品寿命を延長し、総所有コストを削減するための最初のステップです。

信頼性

MHT410のようなヴァイサラの水素と水分のモニタリングソリューションでは、選択性の高いセンサが内蔵されており、誤警報を起こさないだけでなく、消耗部品や機械部品が不要で長期間の運用に高い信頼性を発揮します。