インキュベータ内のCO₂および湿度センサ

CO₂計測

二酸化炭素(CO₂)計測は、ビルディングオートメーション、温室、ライフサイエンス、安全性管理など、さまざまな用途で必要になります。CO2の計測には数多くの技術が使用されています。最も幅広く使用されているのが赤外線(IR)技術です。

化学センサと比較した場合、IRセンサの特長は以下のとおりです。 

  • 計測対象ガスに対する安定性と高い選択性
  • 長い製品寿命
  • 高湿度、ほこり、汚れ、その他の過酷な条件下での耐久性

ビデオを視聴

ヴァイサラ CARBOCAP® - 高度なCO₂計測技術

ヴァイサラのCO₂センサの独自性

ヴァイサラは、CO2計測に単光源二波長方式のNDIR(非分散型赤外線吸収法)技術を使用しています。特許を取得しているCARBOCAP®技術は、ヴァイサラのすべてのCO2センサに使用されています。この技術はヴァイサラが開発し、自社の最先端クリーンルームで製造している調整可能な独自の可変フィルタを採用しています。

ビデオを視聴

ヴァイサラ HVACセンサの設置方法

優れた計測性能

CARBOCAP®センサでは、単一のコンポーネント群により、CO2吸収波長と基準波長の両方を計測します。そのため、ヴァイサラはすべての計測サイクルで正確な基準計測を実現しています。これにより、他のすべてのNDIRセンサで最も一般的なドリフト要因が排除されます。この画期的な技術の結果として、優れた長期安定性や長い製品寿命を備え、高温多湿で埃っぽい環境を含む最も過酷な環境でも正確な計測を提供します。

温室内のCO₂の計測

主な用途

ヴァイサラ CARBOCAP®の計測機器は、ppm(100万分の1)レベルからパーセントレベルのCO2計測まで、幅広い用途に適しています。CO2は酸素を置換するため、濃度が非常に高い場合、人体に有害となる可能性があります。CO2がパーセントレベルで存在する環境は、発酵室やCA貯蔵環境などの密閉されたプロセスのみです。パーセントレベルの計測は、CO2インキュベータのようなライフサイエンス分野においても利用されています。

ヴァイサラのCARBOCAP®センサの特長

ヴァイサラのCARBOCAP®センサの特長

長期安定性

CARBOCAP®の独自の設計により、推奨校正間隔は最長5年となっています。

24時間365日稼働

24時間365日稼働している場所やほこり、汚れの多い産業環境での使用に適しています。CARBOCAP®は、ドリフト補正を行うために、CO₂濃度がバックグラウンド濃度まで落ちる場合には使用できません。

長い製品寿命

Microglow光源は15年以上の安定した出力に定評があり、長年にわたり問題なく使用できます。

独自の技術を用いた革新的な性能

CARBOCAP®は、他の技術で見られるような環境の「学習」を必要としないため、電源投入後すぐに適正な値を表示します。

関連製品

Vaisala CARBOCAP® Carbon Dioxide Probe GMP251

GMP251 CO₂プローブ

ライフサイエンス用インキュベータ、冷蔵室など要件が厳しい用途における高濃度計測用
ヴァイサラCARBOCAP®...
CO2 Probe is suitable for harsh and humid CO2 measurement environments

GMP252 CO₂プローブ

農業、CO₂冷媒、温室、デマンド制御空調などの用途におけるppmレベル計測用
ヴァイサラCARBOCAP® GMP252...
Vaisala Calibration Care Agreement

Calibration Care Agreement

A multi-year agreement for carefree calibrations​
​The agreement includes planned calibrations for multiple years. It is the most economical and...

CO₂関連の情報・資料