発酵と醸造

酵素、抗生物質、アミノ酸、アルコールはすべて、厳重に制御された環境における発酵によって生成されています。二酸化炭素(CO2)は、発酵で生じる最も重要なガス状代謝産物です。高濃度のCO2量が多いと健康上のリスクをもたらす可能性があるので、排出ガスの周辺環境への放出によってCO2濃度が上昇する恐れがある場所では、CO2濃度をモニタリングする必要があります。このような場所としては、ワイナリー、醸造所、その他の発酵工場などがあります。

関連事例