デマンド制御空調

デマンド制御空調(DCV)環境では、空調密度は節電のために本当に必要なニーズに対応するために調整されます。学校、会議場、ホールなど、特に占有状態が大きく変わる場所では明らかに利点となります。空間のCO2レベルは人の多さを示し、空調管理のために使用されています。

DCVの効率は、二酸化炭素センサの正確さによってのみ最適化することができます。ヴァイサラのCARBOCAP®技術はメンテナンス・フリーの正確さと長期にわたるパフォーマンスを提供します。CO2センサは、屋外または病院、職場、居住施設などの24時間使用される建物でのCO2計測など、大変広範なアプリケーションで活用されています。

関連製品

CO2 Probe is suitable for harsh and humid CO2 measurement environments

GMP252 CO₂プローブ

農業、CO₂冷媒、温室、デマンド制御空調などの用途におけるppmレベル計測用
ヴァイサラCARBOCAP® GMP252...

関連ストーリー

How to measure CO2
Blog | Oct 24th 2018

Why Is Measuring CO2 Important?

Most of us know that CO2 is a colorless, odorless gas that’s soluble in water and often seen as the bubbles in fizzy drinks. But it’s also a...
Read more
How Shenzhen Subway Keeps It Cool
Success Story | Jun 13th 2017

How Shenzhen Subway Keeps It Cool

A quickly growing subway system in southern China chose Vaisala’s humidity and temperature transmitters for its air conditioning control system....
Read more
Vaisala keeps data centers cool
Success Story | Jun 01st 2017

Keeping Data Centers Cool

Increasing demand for data processing and storage capacity has led to major companies investing in new facilities that provide web-based...
Read more