正確な CO2 計測でエネルギー効率と従業員の健康を実現する

換気が不十分だと人間が排出する二酸化炭素が室内に蓄積し、従業員の健康が損なわれ、生産性が著しく低下します。正確な CO2 計測によって、高いエネルギー効率と従業員の健康を同時に実現することができます。

U.S. Green Building Council(USGBC) の LEEDv4、英国の BREEAM、オーストラリアの Energy Rating などのグリーンビルディング(環境配慮型建物)のイニシアチブはすべて、建設業者および建設オペレーターに対して、エネルギー効率を向上させることで環境に与える影響を減らすように奨励しています。特に LEED v4 は、高精度のセンサーを使用した空調の正確な自動制御の重要性を強調しています。また、 ASHRAE Green Standard 189.1(米国)や欧州規格 EN 13779 では、健康的な室内空気を促進しながらエネルギー消費を削減するために、デマンド制御空調(DCV)を使用することを推奨しています。

デマンド制御空調とエネルギー効率

デマンド制御空調(DCV)は HVAC システムのエネルギー効率に多大な影響を与えることが証明されています。米国エネルギー省は 2011 年、HVAC の高度な制御戦略の省エネルギー性と経済性に関する調査を実施しました。調査では、小規模なオフィスビル、ショッピングセンター、独立小売店、スーパーマーケットの HVAC において、DCV が他の高度な自動換気システムと比べて省エネルギー性を最大にすることに貢献していると結論付けています。デマンド制御空調の使用による削減費用はすべてのタイプの商業ビルの平均で 38% と算出されており、これは非常に大きい数値です。当然、この数値は気候の影響を受けます。デマンド制御空調は寒冷気候で効率が最大になり、また、多段速度ファン制御と組み合わせることで、高温気候でも大きな効果をもたらします。

Ventilation pipes

 

デマンド制御空調と従業員の生産性

複数の調査により、室内空気と換気の改善は、従業員の生産性にも好影響を与えることが示されています。CABA(Continental Automated Buildings Association)は建物の改善と、その他の従業員戦略(職場健康プログラムやボーナスなど)との比較を実施しました。500 件の異なる調査のメタ調査により、建物を改善することで、生産性が 2%~10% 向上することがわかりました。欧州の空調・換気設備に関する学協会(REHVA:Federation of European Heating, Ventilation and Air Conditioning)は、換気を減らすと生産性(タイピング速度など)が 10% 下がると述べています。U.S. Green Building Council は 2003 年にメタ調査を実施し、新鮮な空気の供給と汚染物質レベルの低減によって生産性が 11% 向上すると結論付けました。カーネギーメロン大学の分析によれば、換気を改善すると生産性が 3%~18% 向上します。多くの調査の結果から、換気の改善によって生産性は 2%~18% の範囲で向上すると結論付けられます。 

米国国立環境健康科学研究所(NIEHS:National Institute of Environmental Health Sciences)が 2015 年に実施した調査では、室内空気質が従業員の認知能力に与える影響に焦点を当てています。広範な調査環境でオフィス条件をシミュレートし、従来のオフィスを WWF Green オフィスおよび Green+ オフィスと比較しました。数ある変数の中で、特に危機対応、情報の利用、戦略策定における認知スコアが、被験者について評価されました。NIEHS の調査結果は、室内空気中の二酸化炭素の増加につれてどのように認知能力が低下するのかを示しています。たとえば戦略能力は、室内空気の CO2 濃度が 1,400ppm の場合、通常の外気レベルである 400ppm の場合と比べて 20% にまで低下することを示しています。情報探索やタスク順応など、より機械的な能力にはそれほど影響がないものもありましたが、危機対応、情報利用、戦略策定のような、情報を高度に活用する必要がある能力は最も大きな影響を受けます。室内の CO₂ レベルが上昇すると、高度なタスクであるほど処理はさらに困難になることを、この調査は明確に示しています。

デマンド制御空調の仕組み

DCV 環境では、空調密度は節電のために本当に必要なニーズに対応するために調整されます。学校、会議場、ホールなど、特に占有状態が大きく変わる場所では明らかに利点となります。空間の CO2 レベルは人の多さを示し、空調管理のために使用されています。DCV の効率は、CO₂ センサーの正確さが確保できる場合のみ最適化することができます。

ヴァイサラ CARBOCAP® 技術は、メンテナンスフリーの精度と持続する性能を提供します。CO2 センサーは、変動する屋外 CO₂ 濃度や、病院、職場、住宅など 24 時間稼働する建物における CO2 計測など、さまざまな用途で活用されています。

デマンド制御空調(DCV)環境では、空調密度は節電のために本当に必要なニーズに対応するために調整されます。学校、会議場、ホールなど、特に占有状態が大きく変わる場所では明らかに利点となります。空間のCO2レベルは人の多さを示し、空調管理のために使用されています。

DCVの効率は、二酸化炭素センサの正確さによってのみ最適化することができます。ヴァイサラのCARBOCAP®技術はメンテナンス・フリーの正確さと長期にわたるパフォーマンスを提供します。CO2センサは、屋外または病院、職場、居住施設などの24時間使用される建物でのCO2計測など、大変広範なアプリケーションで活用されています。

関連製品

CO2 Probe is suitable for harsh and humid CO2 measurement environments

GMP252 CO₂プローブ

農業、CO₂冷媒、温室、デマンド制御空調などの用途におけるppmレベル計測用
ヴァイサラCARBOCAP® GMP252...

関連事例