GMW80シリーズ CO₂湿度温度変換器

室内空気質(IAQ)と在室密度の両方をモニタリングする際、CO2を1台のセンサで計測することが最も経済的な方法です。換気が不完全であればCO2濃度が上昇し、眠気を催して生産性を低下させます。室内空気質は在室密度レベルに基づいて改善できます。無調整な換気を最小限に抑えることでエネルギーの削減になります。

高精度で安定性に優れた一般空調設備(HVAC)計測を行うために、壁取り付けタイプのヴァイサラ GMW80シリーズ CO2湿度温度変換器は市販されている製品の中でも最高クラスの安定性と信頼性を製品寿命の15年にわたって提供します。本製品は標準的なデマンド制御空調向けに設計されています。GMW80シリーズは、24時間365日稼働する施設に最適です。

当社のHVAC用途向け製品一覧はこちらから。(英語ページ)

米国向け入札仕様書はこちらからダウンロードしてください。

Features
費用効率が高く、手頃な価格
信頼性が高く、メンテナンスフリーの運用を最大15年提供
第二世代のCARBOCAP®技術による優れた安定性
Microglow光源による低い自己発熱で精度向上
設置が簡単で、使いやすい
リファレンスを持つCO₂センサにより24時間365日連続で稼働する施設においても安定した運用を実現
デマンド制御空調に最適
+ さらに表示

特長

高い費用効率
GMW80シリーズ変換器には細かな工夫が多くなされており、設置と運用が迅速かつ簡単に行えるため、設置にかかる時間と費用を削減できます。本製品は、電源投入後短時間で十分な精度のCO₂計測を開始するため、設置後すぐに使用できます。
汎用性が高い
CO₂、温度、および/または湿度の計測、ディスプレイ/LEDインジケータ/電流出力の有無など、8モデルから選択できます。

導入事例