栄養補助食品製造のモニタリング

ヴァイサラのソリューションは、栄養補助食品健康教育法(DSHEA)を遵守した栄養補助食品の製造施設、保管倉庫、物流拠点における製品損失や規制違反のリスクを軽減します。

ヴァイサラの連続監視システムは、以下を提供します。

  • 簡単なネットワーク接続と、最大数千までのモニタリング場所の拡張性によって、所有コストを低減
  • GxPを遵守し、欠損のない保護されたデータ記録
  • SMS、Eメール、ポケットベルなどによる24時間365日のリモートアラームが、製品損失のリスクを低減
  • 時間設定が可能な、オンデマンドで自動作成されEメールで配信される、ユーザー設定によるレポート
  • 内蔵型メモリや電源を備えたセンサで、停電やネットワークダウンタウンの場合にデータの統合を保証
  • 電気コンセントのない場所でも簡単にロガーが設置できる無線オプション
  • 円滑な稼働および高い生産性のための、迅速で簡単な据付時適格性評価(IQ)/運転時適格性評価(OQ)バリデーションおよび現場設置サービス
  • ヴァイサラは、スポットチェックや変換器の現場校正向けにさまざまなハンディタイプの温度湿度計も提供しています。
Building Automation Scheme

Application Note - Challenges in Multi-Site GxP Monitoring

In this application note, we classify the common issues in multi-site environmental monitoring systems into five broad types: Security, Administration, Geographic Variation, Multiple Site Types, and IT Infrastructure. We outline how the Vaisala viewLinc monitoring system handles these challenges in three GxP-regulated application types: warehouses, global manufacturing operations, and regional hospitals and healthcare facilities.

関連製品

viewLinc モニタリングシステム

温度と湿度のモニタリングに加えて、以下のような場合にも活用できます:適正規範(GxP)に基づく環境およびライフサイエンス分野での利用

RFL100 VaiNet ワイヤレス温度データロガー

RFLシリーズのデータロガーでは、ヴァイサラのLoRa®ベースのVaiNet ワイヤレステクノロジー が使用されており、冷蔵庫、冷凍庫、インキュベータ、LN2タンク、コールドルーム、そして超低温冷凍庫の温度をモニタリングすることができます。各RFLデータロガーの屋内通信距離は100mです。

Wireless temperature and humidity data logger

RFL100 VaiNet ワイヤレス温度湿度データロガー

RFL100 データロガーでは、ヴァイサラ独自の VaiNet ワイヤレステクノロジーが使用されており、倉庫から、製造現場、クリーンルーム、そして研究所に至るまでさまざまな環境をモニタリングできます。

DL1016/1416 温度データロガー

ヴァイサラの多用途温度データロガーは、超低温フリーザー、冷凍・冷蔵庫、インキュベータの 4 用途の温度を 1 台でモニタリングします。

関連事例