RFL100 VaiNet ワイヤレス温度データロガー

Wireless Temperature Data Logger

RFLシリーズのデータロガーでは、ヴァイサラのLoRa®ベースのVaiNet ワイヤレステクノロジー が使用されており、冷蔵庫、冷凍庫、インキュベータ、LN2タンク、コールドルーム、そして超低温冷凍庫の温度をモニタリングすることができます。各RFLデータロガーの屋内通信距離は100mです。VaiNet アクセスポイント(AP10)を介して接続を提供します。RFL100 温度データロガーは、固定プローブまたはケーブル接続プローブ(最大2チャネル)を使用して、-196+90°Cの温度測定を実現しています。温度と湿度のモニタリングについては、RFL100 VaiNet ワイヤレス温湿度データロガーをご覧ください。RFL100シリーズのデータロガーはviewLinc エンタープライズサーバーソフトウェア バージョン 5.X以降とともに使用されます。

特長
業界最高水準の温度計測精度
一時的および恒久的な取り付け方法を備えた専用の取り付け用ブラケット(オプションのマグネットを含む)
各データロガーは18か月の標準電池寿命の標準アルカリ電池を使用し、推奨される次回の校正までの期間にコストのかかる電池交換は不要
測定結果は国家計量標準機関(national metrology institutes:米国のNIST、フィンランドのMIKES、または同等の機関)、またはISO/IEC 17025 認定校正機関を通じて、SI単位系にトレーサブル
HMP110Tプローブ:-40~+80°C
TMP115T:-196~+90°C
HMP115T:-40~+60°C
一部の地域ではプローブ交換サービスを利用可能
+ さらに表示

特長

安全な長距離ワイヤレス
RFL100データロガーは信号の増幅器や中継器なしで、100m以上の屋内通信ができます。RFL100は標準の1.5V単三電池2本(LR6アルカリまたはFR6 リチウム)で駆動し、約20°Cの環境で外部電源を使用することなく動作を18ヶ月持続できます。そのため、推奨される次回の校正までの期間に電池を交換する必要がありません。
強力な信号、低電力の要件
温度制御チャンバー、極低温環境、インキュベータ、LN2タンク、血液/組織バンク、その他の温度チャンバーに理想的です。どちらの RFL温度プローブオプションでも、白金測温抵抗体温度センサを使用して測定で優れた安定性を実現しています。TMP115プローブ(計測範囲:-196~+90°C)、プラスチックケース付きのHMP115プローブ(計測範囲:-40~+60°C)、またはステンレスケース付きのHMP110プローブ(計測範囲:-40~+80°C)から選択できます。TMP115プローブには3つのケーブル接続プローブ長オプションがあり、過酷な環境下での使用に耐えるよう設計されているHMP110ではケーブル接続プローブを使用します。校正とプローブ長オプションについては、オーダーガイドをご覧ください。
広い温度計測範囲、3つのプローブオプション
RFL100 温度データロガーは、ヴァイサラのviewLinc 環境モニタリングシステムのワイヤレスオプションとしてヴァイサラのVaiNet ワイヤレステクノロジーを使用し、長距離ワイヤレス通信を実現しています。コンパクトなデータロガーで、100mを超える通信にはLoRaテクノロジーを使用しており、GxP準拠に最適です。

ビデオを視聴

VaiNet Wireless & viewLinc 5

導入事例

移植手術の様子
Customer case

Lifesharing - 提供された組織と|臓器を守る

米国の非営利臓器調達機関(OPO)であるLifesharingにおいて、保管チャンバーと処置区域のモニタリングとアラーム通知を目的としてヴァイサラのviewLincシステムを導入していただいた事例をご紹介します。
続きを読む