viewLinc モニタリングシステム

ビデオを視聴

viewLinc 環境モニタリングシステムに関する動画

概要

お客様によるレビュー:
「このシステムを導入して数年になりますが、査察官に満足してもらえるレポートを生成できており、ヴァイサラの viewLinc モニタリングシステムには信頼を寄せています。」
Specialty Distribution 社、施設エンジニアリングマネージャー ティモシー・フェルプ氏
 
「(ヴァイサラの)システムは、高額な追加費用なしで簡単に拡張可能で、遠隔での読み取りと簡単な操作性により当社の効率化につながっており、計測値は非常に正確です」
- アストラゼネカ社 プロジェクトマネージャー マット・アンダーソン氏
 
 

ヴァイサラのモニタリングシステム(CMS)は以下のサービスを提供します:

  • viewLinc ソフトウェアによる、温度、湿度、その他パラメータに対するリアルタイムのモニタリングおよびアラーム通知
  • 各種アラーム通知は、画面上での警報、メール、SMS、警報表示灯、警報サービスへのリレー出力、音声通話などを通じて行われます。
  • 履歴やアラームの自動レポートは、viewLinc のセキュアサーバーに保存されます。
  • データロガーは、有線、PoEWi-Fi、VaiNet 長距離無線で簡単に接続できます。
  • 1 台から数千のセンシング装置まで拡張可能です。
  • 信頼性の高い冗長記録は制御システムと並行に作動しバリデーションを簡単にします。
  • OPC UA および API オプションにより viewLinc を他のシステムに統合できます。
  • オプションの現場校正サービスは正確な温度と湿度の記録を保証します。

温度と湿度のモニタリングに加えて、以下のような場合にも活用できます:

  • 適正規範(GxP)に基づく環境およびライフサイエンス分野での利用
  • 校正室
  • 半導体製造
  • クリーンルーム
  • データセンター、機材保管庫
  • 博物館、美術館、公文書館
  • 食品および飲料水の製造、販売
  • チャートレコーダーの置き換え

viewLinc モニタリング、アラート通知、レポート作成ソフトウェアの詳細をご確認ください。

適正規範(GxP)の適用分野および規制環境に関する記事、eBook、ホワイトペーパー、技術資料を読む。

HIV/エイズワクチンの安全性を確 保する IPS 研究室のモニタリングを読む。

導入事例:富士フイルム富山化学株式会社様を読む。

導入事例:小野薬品工業株式会社様を読む。

+ さらに表示
viewLinc ソフトウェア
ヴァイサラモニタリングシステムは、軽工業、重工業、および適正規範(GxP)規制対象分野での適用に最適で、多様な機種を揃えたデータロガー、変換器、および Modbus デバイスを統合し、複数のパラメータを管理することができます。温度、温度、相対湿度、露点温度、CO2、差圧、ドアスイッチ、その他のパラメータを計測しモニタリングできます。viewLinc ソフトウェアは下位互換性があり、古いバージョンのソフトウェアで作成されたデータにもアクセスできます。
データロガー
モニタリングシステムのデータロガーには数種類のプローブと取り付けオプションがあり、有線または無線接続、Wi-Fi、イーサネット、PoE などに柔軟性に対応可能です。ヴァイサラのデータロガーによる計測結果は国家計量標準機関または ISO/IEC 17025 認定校正センターを通して SI 単位系にトレーサブルです。危険/爆発区域対応の安全防爆構造のデバイスもあります。他社の環境モニタリングシステムとビルディングオートメーションシステムについても、ヴァイサラの OPC UA サーバーソフトウェアは viewLinc データをお客様の既存のシステムに連携させることができます。また、viewLinc アプリケーションプログラミングインターフェースを使用すれば、1 回のプログラミングで viewLinc のデータベースにアクセスできるようになります。
サービスおよびドキュメント作成のサポート
ヴァイサラのエンジニア、計測の専門知識をもったスタッフ、およびテクニカルサポートの専任チームは、モニタリングシステム(CMS)の安定した運用を長期間にわたってサポートします。このシステムには、豊富なサービスオプションを活用できます。オプションは、ご契約者様の施設あるいは当社の認定校正室内での校正サービス、バリデーションサービス、そしてサポートプランまでのサービスです。包括的な文書作成サポートを提供しており、IQOQ プロトコルや GAMP に基づく適正規範(GxP)文書作成のサポートを利用できます。

特長

主な規制基準の順守
監査証跡、アクセス管理、暗号化そして権限階層化を通してデータインテグリティを担保し規制上のあらゆる要件を満たします。規制準拠は、バリデーション可能なソフトウェア、マッピング/認定機能、暗号化されたデータおよび監査証跡、オプションとしてプロトコルや適正規範(GxP)順守の文書化、ICH 準拠の校正オプションが備わっていれば簡略化されます。viewLinc ソフトウェアは、適正規範(GxP)ガイドラインおよび基準、FDA 21 CFR Part 11(連邦規則第 21 条第 11 章)、EU Annex 11(附属書 11)、ICH などを順守した時系列の温度、湿度およびその他の計測データに関するレポートを提供します。
業界随一の性能を誇るセンサ、豊富な計測パラメータに対応
ヴァイサラのデータロガー、変換器、プローブの幅広いラインナップから選択できます。ほとんどの Modbus 対応デバイスが viewLinc ソフトウェアに追加でき、非常に柔軟性の高い計測を実現します。
独立した運用が可能、拡張が簡単
迅速でシンプルなバリデーションにより、viewLinc 5.0 ソフトウェアは他の制御およびシステムとは独立して運用できます。API や OPC を通じて検証された viewLinc のデータを他のシステムに接続することもできます。データロガーは 1 ~ 2 個から数千まで、拡張は簡単です。8 言語に対応しているので、複数施設での使用やグローバル環境でのモニタリングに最適です。このシステムは複数の時間帯の管理が可能で、現地時間でのレポートも可能です。
ニーズに合わせた環境設定が可能
さまざまなアラーム通知オプションとレポート機能を備えており、ニーズに合わせて設定できます。また、viewLinc は複数のアラーム通知方法(画面上、メール、SMS、警報表示灯、警報サービスへのリレー出力、音声通話など)を備えています。データは計測ポイントで連続的および自律的にログがとられるため、停電やネットワークの障害によってデータが失われることはありません。イーサネット、PoE、Wi-Fi、またはヴァイサラ独自の安全な長距離ワイヤレス技術である VaiNet によってデバイスを viewLinc ソフトウェアに接続できます。
完全サポート
サービスオプションでは設置、バリデーション、校正までのライフサイクル全体に対応し、ご契約者様の施設内でも、当社の認定校正室でもサービスを受けることができます。システムの可用性、寿命、性能を最大化できるメンテナンス契約をご選択ください。サポートとして、オンラインまたは電話で技術者に連絡でき、e ラーニング、関連ドキュメント、その他のリソースにオンデマンドでアクセス可能です。
有用性と規制準拠を念頭に設計
viewLinc のソフトウェアインターフェースは簡単にインストールし、使用できるよう最適化されています。タスクを遂行する方法が画面上でのガイダンスで示されます。レポート作成オプションには、事前設定済みのレポートが含まれており、このレポートはカスタマイズが容易で、自動的またはユーザーが設定したスケジュールに従って送付できます。このシステムは環境データに対する信頼性の高いモニタリングに基づいて監査および検査を簡単に行えます。

コンポーネント

導入事例

薬局の温度モニタリングシステム
Success Story

オーストラリアの大手薬事サービス業者、欠測のないデータとフェイルセーフ設計のアラーム通知で製品を保護

HPS は、オーストラリアで個人病院やがん治療センター、更生施設などの医療機関に薬事サービスを提供している大手業者です。HPS は 1975 年の設立で、州や国の法令で規制されている 300 以上の薬局を対象に、臨床サービス、医薬品の供給、在庫管理、調合、オピオイドの管理、製剤...
続きを読む