RFL100 VaiNet ワイヤレス温度湿度データロガー

Wireless Temperature and Humidity Data Logger

RFL100 データロガーでは、ヴァイサラ独自の VaiNet ワイヤレステクノロジーが使用されており、倉庫から、製造現場、クリーンルーム、そして研究所に至るまでさまざまな環境をモニタリングできます。VaiNetワイヤレステクノロジーはLoRa®変調技術に基づいており、長距離かつ複雑な障害物のある環境のもとでも、きわめて信頼性の高い、堅固なワイヤレス信号を提供します。このワイヤレステクノロジーでは、データロガーは信号の増幅器やリピーターなしで、信号を約100m送信できます(条件により変動します)。RFL データロガーは、viewLinc エンタープライズサーバー ソフトウェア(バージョン 5.0 以降)と併用されます。RFL ワイヤレスデータロガーは、ヴァイサラのAP10 アクセスポイント を使ってVaiNetネットワークに接続します。データロガーは、制御環境の温度と湿度のモニタリング、アラーム通知、レポート作成に最適です。RFL100は、温度専用データロガーをお選びいただくこともできます。

Features
信頼性の高い温度・相対湿度計測精度
一時的および恒久的な取り付け方法を備えた専用の取り付け用ブラケット(オプションのマグネットを含む)
各データロガーは18か月の標準電池寿命の標準アルカリ電池を使用し、推奨される次回の校正までの期間にコストのかかる電池交換は不要
測定結果は国家計量標準機関(national metrology institutes:米国のNIST、フィンランドのMIKES、または同等の機関)、またはISO/IEC 17025認定校正機関を通じて、SI単位系にトレーサブル
費用対効果に優れた、チャートレコーダーの代替装置
交換可能な高精度温湿度プローブ
一部の地域ではプローブ交換サービスを利用可能
+ さらに表示

特長

データの整合性
RFLデータロガーは、最大30日間の測定値をロガーの内部メモリーに記録しておくことができます。送信信号に中断が生じた場合には、計測ポイントで記録されているデータが、通信が回復した時点で自動的に送信されます。データロガー内蔵メモリー内容はUSBケーブルを使って、直接にダウンロードできます。
着脱可能なプローブは迅速な校正が可能
プローブはRFLデータロガー上で簡単に交換でき、精確な記録を維持できます。プローブではヴァイサラHUMICAP®湿度および白金測温抵抗体温度センサ(RTDセンサ)が使用されており、優れた安定性を提供しています。
使用が簡単
測定値は60秒毎に保存され、精細な映像のカスタムLCDは、電流の状態、バッテリー寿命、信号の状態を一視覚的に掌握できるように表示します。

ビデオを視聴

VaiNet Wireless & viewLinc 5

導入事例