二酸化炭素モニタリングを行う飲料水ボトリング工程


二酸化炭素(CO2)は、炭酸飲料のボトリング工程で清涼飲料に注入されます。ボトリング工程で飲料が容器に充填される間、大量のCO2が充填機から充填室内に放出されます。充填室と作業場所が十分に換気されていないと、CO2が屋内に蓄積することになります。

CO2は、無色無臭無味のガスで、高濃度になると人の健康を害する可能性があります。CO2の蓄積を防ぐために、CO2濃度をモニタリングする必要があります。

関連ストーリー

Foreman in front of containers
Success Story

Keeping Pathogens at Bay

Global mobility for people means mobility for pathogens, too. Vaisala provides a solution to ensuring vaporized hydrogen peroxide concentration...
Read more
Monitoring CO2  in Wineries
Success Story

Monitoring CO2 in Wineries

Exposure to high levels of carbon dioxide (CO 2 ) can be dangerous to workers in wineries. Care must be taken to protect workers from over...
Read more