二酸化炭素モニタリングを行う飲料水ボトリング工程


二酸化炭素(CO2)は、炭酸飲料のボトリング工程で清涼飲料に注入されます。ボトリング工程で飲料が容器に充填される間、大量のCO2が充填機から充填室内に放出されます。充填室と作業場所が十分に換気されていないと、CO2が屋内に蓄積することになります。

CO2は、無色無臭無味のガスで、高濃度になると人の健康を害する可能性があります。CO2の蓄積を防ぐために、CO2濃度をモニタリングする必要があります。

関連製品

プローブ付きIndigo520

Indigo500シリーズ 変換器

ヴァイサラIndigo500シリーズ 変換器は、ヴァイサラIndigoシリーズのスタンドアロン型スマートプローブ用のホストデバイスです。Indigo500シリーズには、多機能のIndigo520 変換器と、基本機能を備えたIndigo510 変換器があります。

Insightソフトウェア

ヴァイサラ Insightソフトウェアで、Indigo製品シリーズの計測プローブや対応しているその他のヴァイサラ機器の設定やデータに迅速にアクセスできます。

関連事例

食品および飲料業界における正確なCO2計測
ブログ | Mar 4, 2019

食品および飲料業界における正確なCO2計測

食品と飲料に関する多くの用途では、質の高いCO2計測を行うことが必要ですが、業界の多くの企業が今もなお、そのためのベストな方法を決めかねています。この記事では、いくつかの異なる要件と環境の概要について紹介しながら、正確で信頼性の高いCO2計測を行う方法をご紹介します。...
続きを読む