GMP231 CO₂プローブ

ヴァイサラCARBOCAP® GMP231 CO2プローブ はインキュベータメーカー向けに設計され、精度と信頼性の高いCO2計測と+180°Cまでの高温滅菌での耐久性を提供します。GMP231 CO2プローブはヴァイサラが特許を取得しているCARBOCAP®技術と新しいタイプの赤外線(IR)光源を採用しています。

Features
+180°Cまでの過熱滅菌耐久性を備えたプローブ
最新の赤外線CO₂センサ技術を採用
CO₂インキュベータのOEM用途向け設計(取り付けオプションあり)
CO₂センサ計測は5%CO₂で最適化され、20%CO₂まで計測可能
CO₂のトレーサブルな4点校正(英文校正証明書付)
内部圧力および温度計測によって精度と安定性が向上
完全な温度/圧力の補正が可能
センサヘッド加温による結露防止
+ さらに表示

特長

クロスコンタミネーション(交差汚染)のリスクを低減
インキュベータにGMP231 CO₂プローブを取り付けたまま高温滅菌することが可能なため、プローブを取り外して別々に除菌する必要がありません。汚染のリスクを低減させることに加え、時間も節約されます。
優れた安定性と精度
GMP231 で使用されている素材に加え、内部圧力および温度計測機能により、優れた安定性と精度を実現しています。

導入事例