VaiNet 技術を採用したワイヤレスモニタリングシステム

長距離ワイヤレスモニタリング ...

概要

ヴァイサラ viewLinc モニタリングシステム長距離無線技術 VaiNetの紹介。

VaiNetは、コンクリートの壁や金属構造物にも妨害されない優れた信号強度を実現するため、中継器や増幅器が不要になり、データの完全性とセキュリティを担保します。VaiNetは既存のワイヤレスネットワークとは独立して動作するため、他の通信を妨害することはありません。無線を使用できない用途の場合、viewLincイーサネット、PoE、USB の任意の組み合わせによってネットワーク接続されたデータロガー、変換器、デバイスをサポートします。VaiNet の RFL100 温湿度データロガー、RFL100 温度専用データロガーAP10 アクセスポイントの詳細をご確認ください。

また、既存の Wi-Fi ネットワーク用の Wi-Fi データロガーも提供しています。viewLinc システムをワイヤレスネットワーク接続するためのすべてのオプションについては、当社の接続ガイドをご覧ください。データロガーとセンサの概要については、当社のモニタリングシステムデバイスガイド(英語)をご覧ください。

日本国内において利用可能なワイヤレスデータロガーのオプションについての詳細は、ヴァイサラ株式会社にお問い合わせください

Features
干渉、傍受、およびマルチパスフェージング(反射)に対する耐性
RFL データロガーは 18 か月の標準電池寿命
データロガーの電源を入れるとすぐにシステムに接続
停電時やネットワーク切断時も自己回復
アクセスポイントとデータロガー間の信号の強度で最適なデータパスを決定
各 RFL データロガーは、1.5V アルカリ単 3 電池を 2 本使用
マルチプローブロガー - 温湿度または温度専用データロガー
一部の地域ではプローブ交換サービスを利用可能
+ さらに表示
viewLinc エンタープライズサーバー ソフトウェア
医薬品の品質を維持するために、信頼性の高いモニタリングシシステムがバックグラウンドで機能し、医薬品や検体を保護しています。 アラームが発生するまで、ユーザーはシステムを操作する必要はありません。 これは、ほとんどの環境モニタリングシステムのユーザーがモニタリングソフトウェアを頻繁に操作しないことを意味します。 viewLincは、ログインするたびにソフトウェアの操作方法を再確認する必要がない、使用方法を学ぶ画面のヒントと機能ツアーを提供する直感的なユーザーインターフェイスで設計されています。viewLincは、Microsoft Windows 10、Windows Edge、およびChromeブラウザーでの使用がサポートされています。 8言語に対応できる自動レポートを提供します。このソフトウェアは、ヴァイサラの業界トップ水準の計測機器およびデータロガーと下位互換性があります。 viewLincバージョン5以降は、Vaisalaの革新的な長距離ワイヤレステクノロジーであるVaiNetと互換性があります。
VaiNet RFL100 データロガー
VaiNet湿度温度RFL100ワイヤレスデータロガーは、VaiNetワイヤレステクノロジーを使用して、チャープスペクトラム拡散信号変調を通じて有線の同等の接続とデータインテグレティを実現します。 RFLデータロガーは、約100 m(環境により変動)の信号強度を備えています。障害物のない環境ではさらに長距離送信することが可能です。RFL100 は標準の1.5V 単3電池2本(LR6アルカリまたは FR6リチウム)で駆動し、約20°C の環境で動作を18か月持続できます。
VaiNet AP10 ネットワークアクセスポイント
ヴァイサラVaiNetRFLワイヤレスデータロガーには、VaiNetアクセスポイントであるAP10への接続が必要です。 各AP10は、最大32台のロガーをviewLincモニタリングシステムに接続できます。一般的なシステムでは、AP10はRFL100データロガーから100メートル以内に設置されます。 障害物のない環境では、範囲は広げることも可能です。(条件により変動します)各ロガーは、電源を入れるとAP10によって自動的に識別されるため、インストールは簡単です。 データは検証後、viewLincの安全なデータベースに保存され、改ざんや紛失から保護されます。

特長

簡単な設定と構成
VaiNetのワイヤレスデータロガーとアクセスポイントは、相互に位置を特定して通信を確立するように事前にプログラムされています。 機器と構成が少ないため、インストールが簡単になので、ネットワーク化されたモニタリングシステムのセットアップの経験がほとんどまたはまったくなくても、システムを簡単に展開できます。
データの完全性と効率的なバリデーション
ヴァイサラVaiNetRFLワイヤレスデータロガーには、VaiNetアクセスポイントであるAP10への接続が必要です。 各AP10は、最大32台のロガーをviewLincモニタリングシステムに接続できます。 一般的なシステムでは、AP10はRFL100データロガーから100メートル以内に設置されます。障害物のない環境では、範囲は広げることも可能です。(条件により変動します)) 各ロガーは、電源を入れるとAP10によって自動的に識別されるため、インストールは簡単です。 データは検証後、viewLincの安全なデータベースに保存され、、改ざんや紛失から保護されます。
有線と同等の信頼性
ワイヤレス接続は、自動回復とデータバックフィルにより自己回復します。 接続に問題がある場合、RFLデータロガーは自動的に別のVaiNetAP10アクセスポイントに接続します。 信頼性の高いデータ送信により、送信の再試行回数が減り、電力を節約できます。
簡単で効率的なインフラストラクチャ
VaiNetは、データロガーごとに専用のコストのかかるイーサネット接続の必要性を排除します。各VaiNetAP10ネットワークアクセスポイントは、最大32台のRFLデータロガーをサポートします。ケーブルを使用せずに動作するRFLデータロガーは、通信ネットワークが多いエリアでも使用可能であり、モニタリングのニーズの変化に応じて簡単に移動できます。
優れたセンサ技術、簡単な校正
VaiNetデータロガーは脱着可能なプローブを使用しているため、校正のために容易に差し替えが可能です。プローブはデータロガーから簡単に取り外して、新しく校正されたプローブと交換できます。 これにより、常時モニタリング環境を中断することなく正確にモニタリングできます。 一部の地域では、プローブ交換をサービスとして提供しています。
長距離信号
RFL100 ワイヤレスデータロガーとAP10ワイヤレスアクセスポイントは、VaiNet無線通信技術を使ったデバイスで、通信距離は室内で 約100m 、920MHz帯を使用しWi-Fi、 Bluetoothやその他既存のネットワークと独立して運用されるため、他のネットワーク運用の妨げになりません。またVaiNet無線通信技術は、LoRa™の小電力、長距離無線通信をベースとしたもので、電波到達性が高く、回り込み特性に優れ、産業環境や倉庫などの障害物が多い環境でも極めて堅固なワイヤレス通信を維持できます。

コンポーネント

導入事例

移植手術の様子
Success Story

Lifesharing - 提供された組織と|臓器を守る

ヴァイサラの viewLinc システムは、信頼性の高い温度モニタリングおよび アラーム通知機能により、人命を救う貴重な試薬や臓器、組織を保護しています。 1973年に設立されたLifesharingは、カリフォルニア大学サンディエゴメディカルセンターと連携して活動している...
続きを読む