VaiNet RFL100 ワイヤレス CO2 データロガー

 
incubator monitoring with wireless CO2 data loggers

RFLシリーズのデータロガーには、ヴァイサラのLoRa®ベースのVaiNet ワイヤレステクノロジーが採用され、インキュベータとチャンバー内のCO2をモニタリングすることができます。各RFL100 データロガーは屋内で約100m通信することが可能なため、ネットワークアクセスの簡素化によって、時間とコストを節減できます。RFL100 データロガーでは、ヴァイサラの環境モニタリングシステムのソフトウェアであるviewLincを使用することで、安全に通信できます。viewLincはアラーム通知、リアルタイムトレンドに加え、GxPなどの規制に適合したレポート機能などを備えています。
 
RFL100 ワイヤレスデータロガーは、ヴァイサラのAP10 ネットワークアクセスポイントを介してviewLincに接続します。RFL100 CO2 データロガーは、VaiNetの信頼性の高いワイヤレス接続とヴァイサラのGMP251 二酸化炭素プローブを組み合わせたものです。セットアップは簡単で、オプションには、CO2 (%)のみ、CO2(%)と温度、CO2(%)と温度および相対湿度があります。
特長
RFL100 CO2 データロガーでは、リチウム電池によるバックアップ(22時間)付きの外部電源を使用します。
GMP251プローブは、広い動作温度範囲、高精度、優れた安定性を備えています。
計測結果は、国家計量標準機関(NIST USA、MIKES Finland、または同等の機関)またはISO/IEC 17025 認定校正機関を通じて、SI単位にトレーサブル
RFL100 データロガーはローカルディスプレイを搭載し、状態を現場で確認可能
RFL100データロガーにCO2のパーセントデータを記録。GMP251プローブの校正情報はviewLincで利用可能。
インキュベータ内部用のプローブ取り付けアクセサリを使用することで、設置が簡単に
加熱滅菌サイクルにも耐えるオプションの耐熱ケーブル
+ さらに表示

特長

安全な長距離ワイヤレス
RFL100データロガーはAP10 VaiNetアクセスポイントを使用してワイヤレスネットワークで通信します。 各AP10は最大32台のデータロガーをサポートするため、設置コストを節約できます。 データは暗号化されており、傍受、データの改ざん、通信エラーを防ぎます。RFL100 データロガーはローカルでの構成を行わずにviewLincと簡単に接続できます。 すべての通信は暗号化されており、システムによって検証されてから、viewLincの安全なデータベースに保存され、データの整合性とセキュリティが確保されます。
強力な信号により、増幅器は不要
VaiNetの配置は迅速で、各データロガーの高額なイーサネット接続が不要になります。 単純なネットワークトポロジーを使用しているため、中継器、信号増幅器、メッシュ型ネットワークデバイスは必要ありません。RFL100 データロガーは、信号増幅器なしで、約100mの屋内通信が可能です。VaiNetでは、一般的な障害物に対して高い透過性を持つ低周波信号が使用されます。
3つの計測オプション、プローブの取り付けも簡単
インキュベータに理想的な計測オプションには、CO2(%)のみ、CO2(%)と温度、CO2(%)と温度および湿度があります。インキュベータ内でプローブの安全な位置決めを行うために、プローブ取り付けアクセサリが利用可能です。オプションの耐熱プローブケーブルをお選びいただくと、加熱滅菌プロセスを簡素化することができます。

ビデオを視聴

VaiNet 技術を採用したワイヤレスモニタリングシステム