viewLinc モニタリング、アラーム通知、レポート作成ソフトウェア

temperature and humidity monitoring system | environmental monitoring system

viewLinc Enterprise Server ソフトウェアは、温度、相対湿度、CO2、差圧、高低差、ドア接点など、多数のパラメータのモニタリングが可能で、既存ネットワークへの接続の容易性、リモートアクセス性、モニタリングポイントを数千まで追加できる拡張性によって、機器の所有コストを低減させています。複数拠点のモニタリングが簡単で、グローバルなシステムが 1 つのサーバーで運用可能です。

VaiNet 無線技術による viewLinc 5.1 の短いアニメーションを見る

viewLinc 5.1 の新機能を見る

データロガー選択ガイドを表示する

 

ヴァイサラの環境モニタリングシステムのソフトウェアコンポーネントとして、viewLinc はアラーム通知、リアルタイムトレンド、GxP などの規制に適合したレポート機能などを備えています。ヴァイサラの高精度のセンサで、温度、相対湿度、CO2差圧、高低差、ドア接点など、多数のパラメータを計測できます。最新バージョンの viewLinc には、Modbus 対応デバイスが追加可能で、パーティクルカウンター、流量・液体計測、CO2、その他のセンサなどのパラメータを無制限に組み込むことができます。

最大数千台まで計測ポイントを拡張可能な viewLinc は、多拠点での複数パラメータのモニタリングに理想的で、多様な環境モニタリングに使用されています。高精度なロガーとウェブベースの使いやすいインターフェース接続オプションとの組み合わせで、イーサネット、PoE、Wi-Fi またはヴァイサラ独自の長距離無線技術 VaiNet など多様なネットワーク接続のオプションから選択が可能です。


お客様のコメント:
「このシステムを導入して数年になりますが、査察官に満足してもらえるレポートを生成できており、ヴァイサラの viewLinc モニタリングシステムには信頼を寄せています。」

- Specialty Distribution 社、施設エンジニアリングマネージャー ティモシー・フェルプ氏

デバイスセレクター
Features
Do-It-Yourself 配備、直感的なユーザーインターフェース、自己設定ロガー
長距離 VaiNet 無線技術、PoE、有線または Wi-Fi オプションによる柔軟な接続
メールや SMS、音声通話、ライト点滅、サイレン、外部システムへのリレーによるアラーム通知
GxP を順守し、欠損のない監査証跡の確保されたデータ記録
規制準拠のためのオプション:IQOQ プロトコルと GxP ドキュメント
viewLinc は、制御システムと並行して実行されるため、迅速で簡単な検証が可能
レポートはメールで自動的に送信され、安全なサーバーに保存される
設定可能なレポート:基準となるタイムゾーンベース、コメント書き込み用の空欄、最小/最大/平均値、ユーザーが選択できるカラーおよびラインの種類
リアルタイムの複数チャンネルトレンド表示による、経時的な状態のオンデマンド分析
OPC UA または API を使用して、viewLinc データを他のシステムに統合
サポートプランにはセンサの保証および校正プラン、ソフトウェアアップグレード、テクニカルサポートおよびユーザートレーニングが含まれています。
多様な言語設定:日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スウェーデン語、中国語、スペイン語、ポルトガル語
+ さらに表示

特長

ユーザーフレンドリーなソフトウェア、リアルタイムデータおよびアラーム通知
モニタリングしている全施設のリアルタイムトレンドや施設概要の図面へのアクセスを守ります。使いながら学習することができる viewLinc インターフェースにより、タスクと機能が分かりやすく表示されます。機能ガイドを利用すれば、標準化されたソフトウェアのトレーニングによって、一般的な機能を時間をかけずに習得することができます。ダッシュ​​ボード表示でモニタリング対象エリアを表示し、任意の期間の計測データを閲覧できます。メール、SMS、音声通話、および警報表示灯を使用して、モニタリング環境のアラートを受信できます。
データインテグリティを保証
viewLinc はさまざまな方法でデータインテグリティを確保しています。ロガーの種類やサンプリング周期にもよりますが、データロガーのメモリには数か月分のデータを保存することが可能です。計測機器に内蔵電源とメモリが搭載されているため、ネットワークに障害や停電が発生したときでもすべてのデータは保存され、計測の連続性を確保できます。ネットワークへの接続が復旧したら、データが自動的にサーバーに転送されます。それから、計測データはサーバー上の、セキュアな改ざん防止機能付きのデータベースに保存されます。
容易な導入と使用
viewLinc 5.1 および関連する計測機器は、イーサネット、PoE(Power over Ethernet)、Wi-Fi またはヴァイサラの長距離無線技術である VaiNet などの接続オプションを組み合わせて既存のネットワークに簡単にインストールできます。モニタリング機器は viewLinc ソフトウェア上で自己識別することができ、使いやすい設定テンプレートも用意されています。ツアーでは、一般的なタスクと画面上のガイダンス、そしてユーザーのために役立つヒントをご紹介し、viewLinc を簡単に習得できるようにしています。
viewLinc 継続監視システムの概要

導入事例

移植手術の様子
Success Story

Lifesharing - 提供された組織と臓器を守る

ヴァイサラの viewLinc システムは信頼性の高い温度モニタリングおよびアラーム通知機能により、人命を救う貴重な試薬や臓器、組織を保護しています。 1973 年に設立された Lifesharing は、 カリフォルニア大学サンディエゴメディカルセンター と連携して活動している...
続きを読む
薬局の温度モニタリングシステム
Success Story

オーストラリアの大手薬事サービス業者、欠測のないデータとフェイルセーフ設計のアラーム通知で製品を保護

HPS は、オーストラリアで個人病院やがん治療センター、更生施設などの医療機関に薬事サービスを提供している大手業者です。HPS は 1975 年の設立で、州や国の法令で規制されている 300 以上の薬局を対象に、臨床サービス、医薬品の供給、在庫管理、調合、オピオイドの管理、製剤...
続きを読む