blog

GxPモニタリングシステムの優れた導入と長寿命を実現するための3つのポイント

GxP 環境モニタリングシステムによるビルディングオートメーション
Published: Apr 25, 2022
ライフサイエンス

先頃、当社のアプリケーションエンジニアがお客様と打ち合わせを行い、新しいviewLincモニタリングシステムを設置する計画について話し合いました。お客様は、現在のモニタリングシステムのベンダーから既存のシステムのサポートが終了する旨を告げられ、新しいソフトウェアとハードウェアを購入するよう求められていました。事実上、新しいシステムを一から購入することを余儀なくされたため、お客様は他のモニタリングシステムを検討することにしたのです。ヴァイサラは、設置したシステムが使える限り、責任を持って包括的なサポートを提供しています。それを知ったお客様はviewLincを選択しました。このブログでは、ヴァイサラがどのようにviewLincシステムの製品寿命を維持しているのかをご説明します。

ヴァイサラ viewLinc環境モニタリングソフトウェアを使用したことがある方は、ソフトウェアの使いやすさと適応性に驚かれたのではないでしょうか。 過去20年間、viewLincはGxPユーザーの期待を超えられるように開発が続けられてきました。長年viewLincを使用していると、そのソフトウェアと機器も適応性を考慮して設計されていることに気付かれるはずです。 

お客様のニーズに適応できることが、viewLincの開発ロードマップにおいては常に重要視されてきました。viewLincユーザーの声に耳を傾けた結果が、このシステムの適用性の高さにつながりました。 通常、viewLincのユーザーは、セールスチームが提供するデモ、または範囲の狭い単一用途での設置を通じて小規模で使い始めることになります。その後でシステムを拡張するのが一般的です。 長年を経て、ヴァイサラでのviewLincの開発では、お客様がモニタリング業務をスケールアップするにつれて生じるニーズへの対応を優先するようになりました。 多くのお客様が、重要なアプリケーションモニタリングシステムとしてviewLincを20年にわたって使用されています。この長年の経験により、私たちはさまざまなテクノロジーを通じてお客様とともに変化し、お客様とともに成長することができました。

viewLincの開発プロセスには、開発者、UXデザイナー、GxPスペシャリスト、そしてカスタマーサポートによる多くの作業が含まれています。 その過程で、私たちはいくつかの教訓を得て、モニタリングシステムの導入を成功させるための3つのポイントをつかみました。 

  1. 容易に拡張できる 
  2. 管理要件を低く抑える 
  3. 下位互換性を維持する 

これら3つの開発目標によって、ヴァイサラはviewLincのお客様を毎年サポートし続けています。 お客様は、viewLincシステムを選択することで自社の品質に投資しています。当社は、ヴァイサラの機器とソフトウェアを長期使用向けに設計することで、お客様の投資に応えています。 

GxP環境の効果的な監視方法

まず、viewLincは優れた拡張性を備えている必要があります。 これは、お客様が後にシステムを簡単に拡張できるようにするための絶対条件です。 viewLincシステムのアーキテクチャは、バリデーション、インフラストラクチャ、管理の各要件を最小限に抑えながら、新しいセンサや新しいサイトを簡単に追加できるように設計されています。ただし、小規模な設置にも拡張性は必要です。すべてのviewLinc設置環境に何百ものデータロガーがあるわけではありません。

次に、システムが拡大しても管理要件を抑える必要があります。 規模の拡大を見込んでシステムを設計していない場合、環境モニタリングシステムの拡張に伴い管理要件が増大すると、結果的に100センサシステムでは20センサシステムの5倍の作業が必要になることが考えられます。 代わりに、viewLincでは効率的な管理アプローチを使用しています。 このアプローチの特長は、繰り返しの構成作業を回避するためのテンプレートと、各サイトをローカルで管理できる高度なセキュリティスキーマを使用することです。 システム全体に影響を与える包括的な管理タスクは、企業 IT 部門などの一部の管理者のみに割り当てられます。 

効率的に管理できるため、システムの規模に比例して管理上の負担が増すということはありません。100センサシステムは20センサシステムの5倍の規模ですが、管理上の負担はわずかに増すだけです。 さらに、下位互換性によって新しい技術に対応できます。 たとえば、5年前にヴァイサラ DL2000 データロガーを購入(国際宇宙ステーションや他の惑星でも使用されてきた技術への投資)していても、その購入以降に継続的に開発と改善が行われているモニタリングシステムソフトウェアとは、データロガーは引き続き通信できます。 

数年前、DLモデルはviewLinc 3.4で使用されていました。今でも、その同じデータロガーが最新バージョンのviewLinc 5.1にデータを送信できます。 この間にデータのログ記録と通信の技術は進歩し、100mの無線通信が可能な現在の主力製品RFL100 データロガーなどが登場しています。当社は新しい技術を実現していますが、旧型の機器も依然として広く利用されています。 

viewLincの最新バージョンは、21 CFR Part 11Annex 11などの規制と標準に準拠する環境モニタリングシステムから、4,000 を超えるデータロガーの世界規模のネットワークを監視できるエンタープライズレベルのシステムに進化しています。 それでもなお、信頼性が高く優れたDL-2000はviewLinc 5.2とシームレスに連携できます。 現在もviewLinc 3.4システムとDL2000 データロガーを使用している小規模な環境の場合、最新バージョンのソフトウェアへのアップグレードパスが用意されているため、履歴データを保持し、従来のデータロガーを引き続き使用することができます。 

どのシステムも取り残さない

ヴァイサラは、最新技術と既存の技術の互換性をなくしてお客様を置き去りにするようなことはしません。ヴァイサラは、お客様の投資を保護することに力を注いでおり、データロガーを長期間使用できるように構築しています。viewLincを継続的に開発していく中で、ヴァイサラの旧型のデータロガーとの互換性もサポートし続けます。 

詳細については、ヴァイサラ viewLincモニタリングシステムをご覧ください。

viewLincソフトウェアは世界各地でサポートされており、9言語で利用できます。お近くの連絡先はこちらからお探しください

環境モニタリングシステムとビル管理システム

ビル管理(BMS)またはビルディングオートメーションシステム(BAS)は、ビルを効率的に制御することを目的として設計されています。常時監視システム(CMS)または環境モニタリングシステム(EMS)は、状態を監視し、コンプライアンスのための安全な文書化を実現します。このウェビナーでは、両タイプのシステムを最大限に活用する方法を紹介します。

今すぐ見る
 

新規コメントを送信