DL2000 温湿度データロガー

ヴァイサラ DL2000 データロガーは精度や安定性の高い温度および湿度計測値を示し、その他のパラメータ用のアナログ入力チャンネルをオプションで選べます。優れた精度に加えて、 DL2000 データ ロガーは計測ポイントでデータを記録し保存することから、ネットワーク障害や停電の影響をデータが受ける心配がありません。DLシリーズのロガーはヴァイサラ viewLinc ソフトウェアに接続し、国内外の規制と標準に準拠した履歴とリアルタイムデータ、リモートアラーム、レポートを提供します。データロガーは当社OPCサーバーを使用して、他社のシステムに組み込むことも可能です。

Data loggers

Features
DLシリーズのデータロガーはモニタリング、アラーム通知、レポート作成、およびvLog用viewLincソフトウェアとともにGxP環境のバリデーション/マッピング用に使用されます。
計測結果は国家計量標準機関(NIST USA、MIKES Finland、または同等の機関)、またはISO/IEC 17025認定校正機関を通じて、SI単位にトレーサブルです。
高精度、調整可能なタイムベース・デジタルレコーディング
ヴァイサラのOPC サーバーソフトウェアは、ヴァイサラDLシリーズのデータロガーを他社のシステムに組み込むために使用できます。
+ さらに表示

特長

各ロガーには電池寿命10年のバッテリーと内蔵メモリが搭載
自律型の電源と大容量メモリにより、ネットワーク障害や停電の影響をデータが受ける心配がなく、またデータの記録は安全に連続的に保存されます。
モニタリングとバリデーションが可能なロガー
DLシリーズのデータロガーは環境モニタリングシステム(CMS)用のネットワークデバイスとして使用できるだけでなく、バリデーション/マッピング用のスタンドアローンの装置としても利用できます。そのため、複数の機種を購入したり、また校正を行う必要はなくなります。
高精度で安定した計測
優れた安定性があることから、長期の校正間隔の途中でも、viewLincシステムの計測結果を信頼することができます。長期間にわたり信頼性の高いデータを取得できることから、システムの総保有コストを下げることができます。