タービン吸気

湿度をモニタリングすることで、ガスタービンの性能を最適化します。

吸気の湿度の正確な計測は、適切なタービン制御にとって不可欠です。温度の低下により空気の密度が高まるため、空気が冷えるとタービンの性能はあがります。これによってタービン内のマスフロー(質量流量)が増加し、発電量が増加します。

1ºCの温度の上昇が、0.5%の電力損失になることがあります。しかし、冷たすぎたり湿気が多すぎる吸気は、水の濃縮や氷結をもたらし、タービンのブレードを傷めるので、回避する必要があります。

信頼できる湿度モニタリングによって、公益事業者は吸気を冷却・圧縮し、濃縮のリスクのない、最大限の発電が可能になります。

ヴァイサラの30年におよぶ工業湿度計測の経験が、ヴァイサラHUMICAP®湿度温度変換器HMT330シリーズに組み込まれています。電力産業のオペレーターにとって、これは信頼でき、安定した正確な計測を意味します。HMT330シリーズでは、以下のような広汎なオプションを提供します:数値とグラフィック表示、複数言語によるメニュー、アラーム、動向、1年間の計測履歴、WLAN/LAN。

関連ストーリー