blog

H2O2 蒸気を効果的に計測するためのセンサの比較

過酸化水素蒸気の湿度を計測する際には、どのようなセンサを選ぶべきでしょうか。

このアプリケーションノート「過酸化水素蒸気による除染用途における湿度計測」では、湿度計測での VH2O2 の影響と、適切なセンサの選び方について説明しています。また、HUMICAP®センサ、HUMICAP®触媒センサおよび PEROXCAP®センサを比較し、HPP270シリーズプローブで標準となっているケミカルパージなどの機能により、再現性が高く正確な計測をどのように実現できるかについてご紹介しています。

ヴァイサラのライフサイエンス eBook
ライフサイエンス用途向けの実績ある計測ソリューションに関する情報が網羅されています。
関連のオンデマンドウェブセミナー、FAQ ドキュメント、アプリケーションノートへのリンク等が掲載されています。
ぜひご活用ください!

過酸化水素蒸気による除染の参考文献

ヴァイサラ PEROXCAP® HPP270シリーズプローブは、デジタル出力とアナログ出力の双方を備えています。このプローブは、除染プロセスにおいてH2O2蒸気を使用するメーカー、サービスプロバイダーおよびエンドユーザーを対象に開発されました。本製品では、H2O2 に加え、相対水分飽和度と相対湿度を参照して温度と湿度が計測され、モニタリングと制御の両方に使用することができます。HPP270シリーズプローブを使った効果的な除染方法の詳細については、以下の記事をご覧ください。

過酸化水素蒸気(H2O2)とエチレンオキシド蒸気(EtO)

お客様の現場を訪問する中で、除染や滅菌のトレンドがわかってきました。当社のお客様やOEM委託元の企業の多くが、エチレンオキシドよりも、過酸化水素蒸気の使用が増加すると予測しています。このトレンドを理解するために、過酸化水素蒸気とエチレンオキシドを比較し、それぞれの最適な用途を定義します。

除染に関する質問の回答

ウェブセミナーの中で、H2O2除染に関する多くの質問が寄せられています。このブログでは、最もよく聞かれた質問のうち、以下の質問に回答します。

  • 過酸化水蒸気の ppm により相対水分飽和度を計測することが重要な理由。
  • ヴァイサラのプローブが結露への耐性を維持できる理由とは。
  • ヴァイサラ PEROXCAP® HPP272 センサに使用される素材は。
  • 所有するシステムに HPP272 プローブを導入する方法。
  • 滅菌と除染の違い。
  • エンドユーザーによりプローブの再校正が可能であるか。可能な場合、その方法の詳細。

過酸化水蒸気の計測の現場における比較

このブログでは、プロバイダーによる評価および比較をご紹介しています。例えば、除染のサービスプロバイダーが通常使用している装置と、Indigo 201 変換器を組み合わせたヴァイサラ HPP272 プローブとを比較した際の結果を記載しています。

アイソレータ、cRABS、トランスファーハッチ(パスボックス)での過酸化水素蒸気による除染

このアプリケーションノートでは、アイソレータ、閉鎖型アクセス制限バリアシステム(cRABS)およびトランスファーハッチ(パスボックス)(TH)での過酸化水素蒸気についてご説明します。アイソレータの除染に着目していますが、同じ原理がその他の安全ユニットと浄化ユニットにも適用されます。

過酸化水素蒸気による室内の除染

過酸化水素発生器は集中治療室、手術室、緊急治療室、救急車、血液バンク、食品や飲料の処理エリアや保管エリア、動物施設、検査室、処置室など、室内の除染に使用されます。このアプリケーションノートでは、大型のチャンバーや室内での過酸化水素蒸気の使用に関する概要を記載しています。

過酸化水素による除染のさまざまなバリデーションプロセスの比較

過酸化水素蒸気による除染プロセスが効果的に機能しているかを検証する方法はいくつかありますが、それぞれに長所と短所があります。このブログでは、一般的な検証方法を紹介し、比較します。