MGP262 メタン、二酸化炭素、水蒸気マルチガスプローブ
MGP262 メタン、二酸化炭素、水蒸気マルチガスプローブ
Methane and Carbon Dioxide Multigas Probe
MGP262 sensor
Flange
Flange detail

MGP262 マルチガスプローブ

MGP262では、バイオガスアップグレードユニットの排気におけるメタンの濃度を継続的に計測することで、利益を高めることができます。

MGP262は、アップグレードプロセスで避けられないメタンスリップの解決策となります。温室効果ガスの排出を回避できるようにプロセスを調整しながら、可能な限り高品質なバイオメタンの生産に注力することができます。

  • 優れた計測安定性
  • 低メンテナンスと低所有コスト
  • サンプリングに依存する必要がなく、コンパクトで直接計測が可能
  • 設置と操作が簡単

MGP262を選ぶべき理由
MGP262の強みは、利益と環境配慮の両方を実現できることです。バイオガスをバイオメタンやCO2にアップグレードする際に発生する排気は、例えば温室や食品産業で活用するために回収したり、メタン生成またはPower to Gas(P2G)プロセスを通じてバイオメタンへとさらに変換したりすることができます。これにより、環境保護と経済的メリットの両方を実現することができます。CH4の排出には特に、炭素クレジットというかたちで費用がかかるためです。

信頼できる技術
MGP262は、受賞歴をもつ画期的なMGP261 マルチガス計測機器の技術とCARBOCAP™ 赤外線センサ技術に基づいて設計されています。CARBOCAP™ 赤外線センサ技術は、ヴァイサラの産業ガス計測機器ポートフォリオの土台となるものです。再現性の高い信頼性と低い所有コストにより、経済面および環境面の問題に対して非常にシンプルなソリューションとなります。


排気限度とは?
一定のメタンが排気流路に流れ込むことがありますが、プロセスを正しく管理できていない場合、この量がCHP(コジェネレーション)よりも大きくなる場合があります。得られるメタンの2%以上が大気に放出された場合、温室効果ガスの排出量は化石燃料からのCO 2と同じかそれよりも大きくなります。実際、メタンの排出制限はさらに厳しく設定されています。RTO(再生式熱酸化)や他の形態のメタン除去を行わない場合の排気の構成は、CO 2が95%を超え、CH4が1%未満、残りは窒素や微量の酸素と水蒸気となります。

CH4の排出量は、インラインプロセスのモニタリングと合わせてアップグレードプロセスを注意深く調整することによって削減でき、MGP262はそのための最適なツールとなります。RTOを使用してメタン排出量をさらに削減する場合は、RTOの前にインラインでメタン計測を行うと役立ちます。つまり、排気中のCH4排出量に注意を払わない場合、利益を損なうだけでなく環境にも害を及ぼすのです。

特長
計測範囲:0~5%のCH4
計測精度:+-0.15%
防爆環境向けの認証を受けたコンパクトなスタンドアロン型ユニット。
耐久性の高い一体型のセルフクリーニング式光学センサ。
低所有コスト。消耗品もサンプリングも不要。
+ さらに表示

特長

安心の確保
非常に堅牢な技術: 消耗品やサンプリングが不要で、設置と操作が簡単なMGP262を使用すれば、必要な方法でアップグレードユニットを作動させることができます。
プロセス全体の管理
MGP262では継続的に常時計測が行われるため、アップグレードプロセスを常に最適化することができます。
利益と環境への配慮を高める
メタンと利益の無駄を抑えましょう。MGP262は排気メタンの量と炭素クレジットのコストを最小限に抑えることができます。

ビデオを視聴

Vaisala MGP262 Multigas Probe

導入事例