blog

バイオガスプラントの効率的な運用をサポートする信頼できる計測機器とは…?

An engineer at a biogas plant
バイオガス精製

成長し続けるバイオガス市場
2012年、固定価格買取制度(F I T)の導入で日本でも多くのバイオガスプラントが新設されてきました。酸素の無い状態で、嫌気性細菌によって分泌される酵素の働きで有機物をメタン(C H4)と二酸化炭素(C O2)に分解する嫌気性消化によって、バイオガスは精製されます。嫌気性消化は、生物処理できる固形廃棄物を発酵させるうえで最も効率的な技術であることが分かっています。バイオガスや肥料などの副生成物の価値を考慮に入れると、バイオガスプラントが注目されるのも当然と言えます。国内では、自治体が行うバイオガスの発電事業も多く見られるようになりました。バイオガスプラントは、地球上の水域から窒素やリンを除去する推進力となり、地球の養分循環を改善するうえでも重要な役割を担っています。さらに、富栄養化を防止することもできます。バイオガス精製は合理的な技術で多くの可能性があり、当分野の専門家は意欲的にバイオ技術を活用した産業プロセスを開発しています。その可能性としては、新たな廃棄物資源の利用、バイオガスの利活用の拡大、現在のバイオガスプロセスの最適化等が挙げられます。


最良な技術によるプロセスの最適化

どうすればプロセスをさらに最適化できるのでしょうか。プラント監視システムに接続し、プロセスへの統合が容易である高品質な計測によって、プラント事業者はバイオガスの品質向上をするとともに、運用コストを削減することができます。

ヴァイサラ MGP261 マルチガスプローブの主な計測ポイント


ヴァイサラ製品とともに廃棄物をさらに価値あるものに

3種のガスが計測可能なヴァイサラのMGP261メタン・CO2・水蒸気マルチガスプローブは、非常に簡単に取り付けられ、使用することができます。ヴァイサラMGP261プローブの代表的な特長として、非常に使いやすいことが挙げられます。校正の必要性はほとんどなく、サンプリングも必要ありません。さらにMGP261プローブは、CH4、CO2、H2Oの3種のガスを計測できます。また自動補正機能によってコストのかかる校正作業を大幅に削減します。MGP261は、ガス配管中の脱湿を必要とせずに直接計測ができます。また、取り付け場所によって直接取り付けが難しい場合は、フロースルー式アダプタも選択可能です。光学系センサ部分は常時加温されているため、ガスが結露している非常に厳しいプロセス下でも、結露を防止でき、信頼性の高い計測を実現できます。

小型で信頼性に優れ、3項目を計測できるMGP261プローブはメタンを正確 かつ安定して計測できます。

光学式湿度計測を採用する理由

可燃性ガスが混合する場所や腐食性の化学物質がある場所で計測を行う場合、赤外線(I R)波長範囲での光学式湿度計測には多くの魅力的な特性があります。赤外線光源と検出器はサファイアガラスでプロセスガスから保護されているため腐食の心配はありません。また、相対湿度100%の環境下での結露を防ぐために加温機能が搭載されています。

MGP261プローブはヴァイサラの特許取得済みのCARBOCAPⓇ技術をベース とし、赤外線によるガス計測において20年におよぶ実績を活用しています。

バイオガスの精製 ―課題と対策


バイオガスプラントのよりよい運用は、バイオガスプラントにおける正確なデータの重要性を理解しているかどうかで決まります。ヴァイサラのMGP261は、3種のガスの正確な計測データを提供することでプロセスのよりよい運用を手助けします。

より詳しい情報についてはこちらからお問い合わせください!

Add new comment