ワクチンの製造

ウイルス性ワクチンは、感染から人間を保護するために世界中で使用されています。ワクチンは、最初に卵子ベースまたは細胞ベースのプロセスでウイルスを増殖させることによって作られます。その後、ウイルスは不活化または弱毒化され、濃縮および精製されてから、最終的に他の成分とブレンドされて最終的なワクチン製剤が作成されます。

精製は、宿主細胞または培地に由来する不純物を除去し、最終製品の安全性と効率を確保するため、最も重要な作業の1つです。また、製造において最もコストのかかるステップの1つでもあります。ショ糖/スクロース勾配遠心分離は、大規模生産におけるウイルスの精製と濃縮に広く使用されています。

ワクチンの製造

アプリケーションノートをダウンロードし、ヴァイサラ K-PATENTS® 製薬用屈折率計によるリアルタイムの濃度計測を利用して、製薬会社がどのように以下のことを行っているのかをご確認ください。

  • 精製ステップでウイルス画分を確実に分離。
  • 安全で高品質のワクチン製品を確保。
  • 収量と生産性を向上。

屈折率計は、研究開発段階での貴重なPATツールでもあります。アプリケーションノートでは、ワクチン製造の下流作業で屈折率を使用する利点について説明しています。このノートでは、最高の性能を発揮させるための推奨設置ポイントも紹介しています。

フォームを記入いただくと、アプリケーションノート(PDF)をダウンロードいただけます。

ショ糖/スクロース密度勾配を使用した、迅速かつ効率的なウイルス性ワクチンの精製についてのウェブセミナー(英語)を見る

医薬品製造およびバイオテクノロジープロセスにおけるさまざまな用途を知るにはこちらをご覧ください。

Image
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
いつでも こちらから環境設定を変更したり、登録を解除したりできます。