ヴァイサラ K-PATENTS® SAFE-DRIVE プロセス屈折率計 PR-23-SD

ヴァイサラ K-PATENTS PR-23-SD SAFE-DRIVE プロセス屈折率計は、クラフト化学品回収プロセスにおける黒液乾燥固形分の重量%計測、緑液の密度またはTTA計測用の堅牢なデジタル屈折率計です。

ヴァイサラ K-PATENTS PR-23-SD SAFE-DRIVE プロセス屈折率計 一体型システムは以下で構成されています。

  • 格納式 SAFE-DRIVE プロセス屈折率計センサ
  • SAFE-DRIVE 遮断弁
  • SAFE-DRIVE リトラクター
  • スチームウォッシュシステム
  • 指示変換器

SAFE-DRIVE設計により、プロセスを停止することなく、最大動作圧力下でセンサを安全かつ簡単に挿入および引き抜きすることができます。
計測範囲は重量比 0〜100%です。精度は通常 ±0.1重量%であり、計測値は自動的に温度補正されます。また、低濃度および高濃度のアラームを設定できます。デジタルセンシング技術により、大量の浮遊物質、気泡、色の変化があっても、計測や精度に影響を与えることはありません。

各センサには、標準液体のセットを実際のセンサ出力と比較する校正証明書が付属しています。校正と精度は、認証済み屈折率の液体を使用して現場で検証できます。

PR-23-SD SAFE-DRIVE 屈折率計マニュアル、安全指示事項および安全ビデオ

 

特長
SAFE-DRIVE 遮断およびリトラクターツールにより、最大プロセス圧力下で屈折率計センサを安全かつ簡単に挿入および引き抜きすることができます。設置が容易な自己保持型の設計で、2つのリップシールとOリングによるトリプルシールになっています。
遮断ボールバルブの偶発的な開閉を防止します。
格納式プリズム洗浄ノズルは、整備点検時に安全に取り外すことができます。
SAFE-DRIVE リトラクターは、引き抜きおよび挿入中に偶発的な漏れからユーザーを保護します。
SAFE-DRIVE センサは、溶接またはスプールピース(直径2インチ~20インチ)を介して、任意のパイプサイズ(2インチ~24インチ)に非常に簡単に取り付けることができます。水平または垂直パイプラインのいずれかに取り付け可能です。最大静圧は 40bar、最大動作圧力は 10barです。スプールピースのプロセス接続部は、DIN フランジ PN25/ANSI フランジ 150 lbs です。
屈折率(nD)1.3200~1.5300 は、ほとんどの用途であらゆる乾燥固形物に対応し、乾燥固形物が80%を超えるアカシアおよびユーカリ広葉樹黒液の場合は1.3600 - 1.5700で機能します。
工場校正によりすべてのセンサが同じ nD 計測性能であることが保証されているため、追加の光学校正なしでセンサを交換できます。
プロセス温度範囲:-20~+170°C
デュアル接続:1つの送信機で2つのセンサを独立して操作可能。2つ目のセンサは後から簡単に統合できます。
完全にデジタル化されたシステム:操作や精度に対し、粒子や気泡による影響なし。
コアオプティクス構造:ドリフトや再校正、機械的調整は不要。
インターネットを介したイーサネット接続とリモートパネルにより、データロギングとリモート操作(計測機器データの確認や診断など)が可能です。
+ さらに表示

特長

完全にデジタル化された堅牢なシステム
ヴァイサラ K-PATENTS PR-23-SD SAFE-DRIVE プロセス屈折率計は、先進のCCDカメラ技術と頑丈なSAF2205二相鋼 SSセンサプローブを組み合わせたものです。プローブは、要求の厳しいプロセス条件(高温、高圧、および振動)用に設計されています。

PR-23-SD SAFE-DRIVE プロセス屈折率計は、標準の単位で屈折率 nDと温度 Tを計測できるように工場で校正されています。各センサは、同一の全範囲校正 nD = 1.32〜1.53(0〜100%に相当)を備えています。PR-23-SDセンサの校正は同一であり、各センサが屈折率 nDと温度を出力として提供するため、光学校正やパラメータの変更に不便を感じることなく、すべてのセンサを自由に交換できます。
取り付けと操作が容易
PR-23-SD SAFE-DRIVE プロセス屈折率計センサは、直径2インチ以上の垂直または水平パイプラインに溶接することで非常に簡単に設置できます。個別のスプールピースまたはパイプ部分の必要性は最小限に抑えられています。溶接ステンシルのガイドに従って適切に溶接できます。
SAFE-DRIVE は、センサ遮断バルブとリトラクターで構成される安全設計であり、プロセスを停止することなく、最大動作圧力下で屈折率計センサを安全かつ簡単に挿入および引き抜きできます。

屈折率計には、定期的なメンテナンスや再校正が必要なランプや可動部品がありません。「メンテナンス不要」であるため、総所有コストを低く抑えることができます。
高い精度と信頼性
PR-23-SD SAFE-DRIVE プロセス屈折率計による計測は、独自の技術に基づいており、ソリッドステート光学系とCCDカメラを使用して屈折率のデジタル計測を実現しています。計測精度は ±0.0002 RI(重量比 ±0.1%に相当)となっています。

デジタルセンシング技術により、大量の浮遊物質、気泡、色の変化があっても、計測や精度に影響を与えることはありません。

ダウンロード