デンプン甘味料と砂糖代替品

過飽和の濃度制御、分離中の果糖やブドウ糖の総濃度、加糖/脱糖制御、Brix

デンプン甘味料と砂糖代替品には、ブドウ糖(グルコース)、果糖シロップ、コーンシロップ、ソルビトールなどが含まれます。これらの製品は、多くの食品および飲料の甘味付け、保存、食感や色に使用され、その対象は食品および飲料から医薬品に至るまでさまざまな業界にわたります。 

液体および結晶の甘味料の製造

デンプン甘味料は、結晶またはシロップを形成する酸加水分解反応によって製造されます。加水分解の程度はデキストロース当量(DE)値で計測します。 

アルロースやステビアなどのカロリーフリーの砂糖代替品は、植物から製造され、結晶やシロップを形成します。  

ヴァイサラ K-PATENTS® プロセス屈折率計は、甘味料製造に最適です。総溶解固形分(TDS)の正確で信頼性の高いインライン計測は、下流プロセスの最適化と厳しい最終製品仕様への準拠に役立ちます。

プロセス屈折計は工場にプロセス制御の要素を取り入れ、最適化により工場全体の効率化と経営状況をサポートします。たとえば、蒸発は、シロップから余分な水分を取り除き、濃度を事前設定したレベルまで上げるため、甘味料製造における重要な処理ステップです。その一方で、蒸発では大量の熱とエネルギーが消費されるため、屈折計を使用してフィードフォワード制御を行い、シロップ濃度を一定レベルに保つことによって、蒸発のコストを下げることができます。

完全にデジタル化されたヴァイサラ K-PATENTS プロセス屈折率計は、制御システムに完全に統合可能な正確で信頼性の高いリアルタイムデータにより、産業オートメーションとスマートファクトリーのコンセプトを推進できます。

 

正確で継続的な総溶解固形分(TDS)の計測

ヴァイサラ K-PATENTS® プロセス屈折率計では、以下の機能を提供しています。

  • 製品の品質管理と収量の向上
  • 蒸発プロセスにおける効率化
  • 脱糖中のすすぎ水と製品の境界の検出
  • リアルタイムの結晶化制御と過飽和のモニタリングツール
  • クロマトグラフ分離のプロセス制御   
  • 甘味料製造全体のプロセス制御

当社のすべての屈折計モデルは、プロセスラインやタンク内に直接、またはフローアダプタを使用して容器に簡単に設置できます。計測は、結晶、粒子、気泡の影響を受けません。

デンプン甘味料での用途

イオン交換におけるカラム再生、蒸発、結晶化、クロマトグラフィ分離、カーボンカラムの再活性化などの甘味料製造プロセスで溶解固形分とBrix値を正確にインラインで計測し、エネルギーと製造コストを節減しながら最高の収量と製品品質を実現します。

詳細については、アプリケーションノートをダウンロードしてください。

デンプンの結晶化

結晶化パンのリアルタイム制御、過飽和を一定のレベルに保つことで高い製品品質と収量の向上を実現

関連製品

液体濃度の計測

ヴァイサラでは、各種業界の液体計測のニーズに合わせた幅広い製品を取り揃えています。下記のボタンより、屈折率計の技術とその用途の詳細、製品関連資料のライブラリにアクセスしてください。(英語のみ)