blog

ポリアミド(ナイロン)繊維製造プロセス

Yoshitaka Arai
荒井良隆
ビジネスデベロップメントマネージャー
Published: Nov 16, 2021
産業製造・プロセス
液体計測

ナイロン6-6は最初に商業的に作られた全合成繊維です。アジピン酸とヘキサメチレンジアミンの重合反応から生じる生成物はナイロン6-6と呼ばれます。この名前は、それぞれ6個の炭素原子を含む2つの未加工の化学成分の分子鎖に由来します。
 

アジピン酸とヘキサメチレンジアミンとの反応は、一般にナイロン塩と呼ばれるアジピン酸ヘキサメチレンジアンモニウムを生成します。
不純物が非常に少ない高品質の繊維を達成することができるように、材料が重合されることが必須です。

種々のタイプのナイロンは、それぞれのプロセスを使用することによって生成することができます。 
バッチ法では、アジピン酸ヘキサメチレンジアンモニウム溶液を蒸発器中で濃縮し、酢酸を添加して鎖長を安定化させます。
蒸発後、塩溶液を加熱し、残りの水を除去します。TiO2分散液を添加し、重合を行います。重合が完了した後、溶融粘性ポリマーをオートクレーブの底部を通って注型ホイール上に押し出し、可能な限り迅速に押し出します。

ナイロンはまた、連続処理によって製造され、これは、大量生産のためにより経済的ですが、バッチプロセスの柔軟性は、最終製品の変動を可能にします。
ナイロン6、すなわちカプロラクタムは、ただ1つの成分であるカプロラクタムに由来するポリマー繊維です。
ナイロン6-6よりも融点は低いですが、染色性、弾力性、耐光性等に優れています。他のタイプのナイロンも有用な異なる特性を有します。


 

計装・設置
合成繊維、ナイロン繊維製造プロセス

合成繊維、ナイロン繊維、

 

<このアプリケーションに最適なヴァイサラの製品>

プロセス屈折率計PR-43-GPは、ナイロン塩、カプロラクタムおよびポリマー溶液濃度を監視および制御するために使用されます。
屈折計は、目標濃度が達成されることを確実にするために、蒸発器の後に設置されます。
また蒸発効率のリアルタイムモニタリングのために、別の屈折率計を蒸発器の前に設置することができます。
屈折率計は、例えば、熱流または蒸発への供給を調節することによって、蒸発の自動制御に使用することができるイーサネットおよび4~20mAの出力信号を提供します。
ナイロン塩の典型的な屈折率測定範囲は1.3300~1.4100であり、処理温度は60ºC(140ºF)です。
カプロラクタムの典型的な屈折率測定範囲は1.3370~1.3570です。
 

詳しい情報や製品情報のご説明が必要な場合は下記からお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

Add new comment