農業用水管理

世界の人口増加に伴い、農作物の生産量を増やすために農業手法の改善が迫られています。生産性の高い農業を実現するためには、農地で容易に利用できる効果的で効率的な水の供給が必須です。水供給の不確実性が高い理由は、降水が均一でないことや、気候変動の影響による水の供給量の変化が関係しています。
不適切な灌漑計画は、水の浪費につながります。このため、どれだけの水があり、どれだけの水を灌漑に利用できるかを正確に把握することが極めて重要です。

ヴァイサラの水文気象ステーションは、灌漑に利用できる水量についてリアルタイムの情報を得るために、降水量のモニタリングと貯水池水位の計測に用いられています。また、ヴァイサラのシステムは蒸発散量を直接算出し、植物に必要な水量の目安を提供します。

関連事例