受入検査

受入検査は、貴社に納入するシステムが仕様どおりに性能を発揮するかを検証するものです。受入検査は製品特定的なプロトコールに従い当社の工場または据え付け場所のオンサイトで実施されます。受入検査の手続に参加することにより、貴社の導入される装置についてより深い洞察を得ることができるでしょう。

+ さらに表示

特長

システムの性能を示す
受入検査の検査書類はシステムの性能とその能力について実証します。
出荷前のシステム検証
工場出荷検査(FAT)の目的は本システムはを当社のFATプロトコルに従って点検することです。FAT検査では、観測システムのハードウェアとソフトウェアは性能パラメータチェックリストにの内容に従い点検を行います。FAT検査お客様と共に行うことで、システムの機能性の直接情報を提供します。
オンサイトでのシステム検証
相手先受領試験(SAT)の目的は当該装置が円滑に始動することを保証し、また性能要件を満たしているかを検証するため行われます。相手先受領試験(SAT)はお客様の立ち会いのもとで行われます。適用可能な場合には相手先受領試験(SAT)に替わりより飛行式の据え付け検査でこれに替えることもあります。

ダウンロード