ホワイトペーパー:トータルガス圧による空気混入の検出

E-mailFacebookTwitterLinkedIn

トータルガス圧についての理解とトータルガス圧による外気侵入の検出方法についての理解を深める 

変圧器の絶縁油内に酸素が混入すると、固体絶縁物の劣化プロセスが加速します。密閉型変圧器の導入増加に伴い、酸素を含んだ外気の絶縁油内への混入が重要な問題となっています。こうした空気混入は通常、ガスケットやゴム袋の脆化によって発生します。  

変圧器の運用寿命を最大化するには、酸素レベルをできる限り低く抑える必要があります。それを実現するための画期的な手法として、外気の進入に対して適切な密閉状態が維持されていることをトータルガス圧によってモニタリングすることができます。  

詳細情報はダウンロードしてご確認ください。 

  • 最新のサンプリングおよび酸素計測方法 
  • モニタリング方法の比較 
  • トータルガス圧に関する調査 
  • 信頼性と精度の証明 
  • 関連事例 

詳細はご登録後、ウェブセミナーDGA モニタリングの改善 — トータルガス圧の計測」をご覧ください。 

 

本フォームを送信いただいた場合は、当社のプライバシーポリシーにご同意されたものとしてみなします。予めご了承ください。
配信内容の管理は こちらから。