ミッドレンジデータロガー 温度・湿度・接触チャンネル計測用

Mid-range temprature, RH, door switch data logger

ヴァイサラのミッドレンジ(MR)データロガーは、迅速性と経済性を重視する医薬品および医療機器の初期開発向けに設計されています。

ヴァイサラの OPC-DA サーバーソフトウェアを使用して、ヴァイサラ DL シリーズのデータロガーを他社のシステムへに組み込むことができます。測定値履歴へアクセスする必要がある場合は、OPC-UA サーバーを使用して viewLinc データベースを他社のシステムに統合することができます。

データロガー選択ガイド

Features
計測結果は、国家計量標準機関を通じて国際単位系(SI)にトレーサブルです。
ソフトウェアオプションには、バリデーション/マッピングおよびviewLinc 環境モニタリングとアラーム通知のためのvLogなどがあります。
ヴァイサラの OPC DA サーバーソフトウェアを使用して、ヴァイサラ DL シリーズのデータロガーを他社のシステムに組み込むことができます。
+ さらに表示

特長

容易な校正
MRロガーは取り付けと設定が容易で、-55~+50°Cの動作環境において信頼性の高い精度をご提供するために、校正プロセスを所定の校正範囲内で迅速に実施します。
シンプルな構成
接続オプションには、USB、無線、vNet PoEネットワークインターフェースとともにPoE接続などがあります。MRロガーをvNet PoEデバイスで使用する場合の取り付け時間は数分です。
用途に応じた数種類のモデル
MRロガーの6種のバージョンでは、温度、温度+湿度、ドアスイッチ/アラート接点記録用のスイッチ接触チャンネルなど、4 チャンネルまで使用可能です。