プローブと緩衝ブロック

プローブはヴァイサラのデータロガーに簡単に接続できます。ヴァイサラ EPTシリーズ 外付け温度プローブのデータロガー用にはNレンジとVレンジがあります。Nレンジのプローブは動作/保管温度範囲は-40°Cから+95°Cです。Vレンジの外付けプローブの動作/保管温度範囲は-95°Cから+95°Cです。+20から+30°Cの範囲における初期精度は±0.10°Cです。センサチップはステンレス製、または潜水対応の封入テフロンチップで、プローブケーブルの長さは3mまたは7.6mがあります。

Features
ヴァイサラEPTシリーズのデータロガー用のプローブにはNレンジとVレンジがあります。
Nレンジプローブの動作/保管温度範囲は-40°Cから+95°Cです。
Vレンジ外部プローブの動作/保管温度範囲は-95°Cから+95°Cです。
+20~+30°Cにおける初期精度は±0.10°Cです。
センサチップはステンレス製、または液浸テフロンケーシングチップです。
プローブケーブルの長さは3mまたは7.6mがあります。
+ さらに表示

ダウンロード

サービス