食品/飲料の製造工程モニタリング用インラインBrix値計測

食品・飲料業界は、世界中で消費される商品を生産し、厳しい衛生規制を受けています。顧客が新製品を心待ちにしている一方で、食品と飲料の生産者は、適切な食品の品質と前例のない安全性に対する責任を負っています。生産の収益性と持続可能性を高め、最高の製品品質と安全性を維持するには、信頼性の高いプロセス制御ツールを導入する必要があります。スマートテクノロジーの時代では、利用可能な最良の方法を実践し、Brix値をインラインで確実に計測することは価値があります。液体濃度の継続的なインラインモニタリングを行えば、乳製品製造所や醸造所、果物と野菜の加工、ソフトドリンクとジュース、デザート、菓子類と調味料、排水処理であっても、あらゆる液状食品や飲料の用途で、さまざまな利点があります。

食品と飲料の生産効率を改善するための液体濃度のインライン計測

食品や飲料の製造では、さまざまな処理の中で液体の濃度が変化します。濃度の継続的なインラインモニタリングは、製品の投入から加工、廃棄経路の制御まで、すべての中間処理を通じて有益です。

時間のかかる面倒な手動サンプリングと実験室分析を、リアルタイムの濃度の継続的なインライン計測に移行することで、食品汚染のリスクを回避し、オペレーターを他の重要な職務に充てることができます。蒸発、希釈と混合、噴霧乾燥、抽出、調理、発酵、蒸留、製品の境界検出、廃水中の有機物の監視など、すべての重要な食品/飲料製造工程で、Brix値のインライン計測の恩恵を受けることができます。

運用が開始されれば、ヴァイサラ K-PATENTS® サニタリー屈折率計によって、原材料の効率的な使用、エネルギー消費の削減、製品の品質と保管可能期間の改善、正しい成分の投入と製品のラベル付け、そして製品と製品、製品と水、製品とCIP液の境界検出が実現されることで、コストとリソースを素早く節減することができます。

デジタル仕様のヴァイサラ K-PATENTS サニタリー屈折率計は、製品の安全性と衛生状態が最も重要な生産における、信頼性の高いプロセス制御のためのインラインツールです。プロセスの効率の向上、リソースの持続可能な使用、収穫の増加を保証し、コストのかかるリコールも防止します。

Brix値と濃度のインライン計測のための最先端技術

3-A and EHEDG

厳しい規制を受ける食品・飲料業界向けに特別設計されたヴァイサラ K-PATENTS サニタリー屈折率計は、その独自の機能により、液体濃度計測に最良の方法です。

  • 屈折率(nD)の計測範囲 1.3200〜1.5300 (この範囲は、Brix値 0〜100 に対応)
  • 完全にデジタル化された屈折率光学イメージの検出
  • 色、気泡、粒子、果肉、流れや圧力の変化、振動、温度衝撃の影響を受けない計測
  • 低いプロセス温度と高いプロセス温度 双方への耐性:コンパクトモデルでは-40°C~130°C、プローブモデルでは40°C~150°C
  • 水平設置と垂直設置の両方で、3-A サニタリー認証とEHEDG 認証を取得済み
  • 事前校正済みで納入されるため、すぐに使用可能
  • バイパス設備は不要で、大小のパイプラインやタンク、船舶に、垂直または水平に設置可能
  • NIST標準に従って校正済みで、再校正が不要
  • お客様独自の品質管理システムに従ったオンサイト検証を簡単に実施可能

 

飲料製造における用途

Brix値、全固形分(TS)、Plato値、Oechsle(エスクレ)値、Baume(ボーメ)値や密度と濃度をリアルタイムで計測することで、製品の品質管理、レシピ管理とプロセスデータの記録、生産性、効率、コスト削減できます。用途は、ビール、ワイン、シードル、ソフトドリンク、液体乳製品と乳児用調製粉乳、コーヒーと紅茶、レディトゥドリンク飲料、廃水と副流の有機物排水管理(TOC)など、多岐にわたる飲料処理用途をカバーします。 

詳細については、アプリケーションノートをダウンロードしてください。

液状食品製造における用途

Brix値、全固形分(TS)、密度と濃度をリアルタイムに計測することで、品質管理やプロセスの生産性と効率が改善されます。また、スープ、ソース、果物と野菜のジャム、甘味料と菓子製品、既製デザート、食品調味料、油脂と油、肉/魚製品、卵製品の製造においてレシピ管理が行われると同時に廃棄物が削減され、廃水と副流の排水有機物管理(TOC)が行われます。    

詳細については、アプリケーションノートをダウンロードしてください。

威力を発揮するインラインBrix値計測 - eBook

威力を発揮するインラインBrix値計測

このeBookには、最高の製品品質を維持しながら、食品の安全性、コスト削減、持続可能性、資源効率など、食品と飲料の製造にとって重要な課題に関する知見が掲載されています。こういった課題やその他の重要な課題は、Brix値をインラインで計測することで解決することができます。eBookをダウンロードして、詳細をご覧ください。

食品/飲料加工関連商品

ブログ、ウェブセミナー、および導入事例

最新のブログを読み、乳製品に関する新しい eBook をご確認ください。

液体濃度の計測

ヴァイサラでは、各種業界の液体計測のニーズに合わせた幅広い製品を取り揃えています。下記のボタンより、屈折率計の技術とその用途の詳細、製品関連資料のライブラリにアクセスしてください。