製品とCIP液の境界検出における品質管理のためのモニタリング

加工工場では、1つの充填ステーションでさまざまな製品を送り出します。次の製品に移行する前に、パイプラインはCIP化学物質で洗浄されます。定置洗浄(CIP)プロセスの自動モニタリングと自動制御により、中断のない生産を実現することができます。また、効率が上がり、ライン停止を防ぎ、最終製品の品質が安定します。さらに、CIP洗浄を正確に制御することで、食品の安全性が高まります。

製品間、製品と水、製品とCIPの境界を中断することなく検出

製品間および製品とCIP液の境界を検出し、品質管理のモニタリングを行うには、ヴァイサラ K-PATENTS® サニタリー屈折率計が最適です。屈折率計の4〜20mAまたはイーサネットによる出力信号をお客様の制御システムに接続することで、最終製品の充填を遅滞なく作動させ、製品と容器の組み合わせの整合性も確認できます。このようにしてお客様は製品とCIPサイクル間の切り替えをモニタリングし、自動制御できます。

アプリケーションノートでは、ヴァイサラ K-PATENTS® サニタリー屈折率計により、手間のかかるサンプリングをなくし、正確で信頼性の高いリアルタイム液体濃度計測に移行する方法についてご紹介します。ぜひダウンロードして詳細をご覧ください。

フォームを記入いただくと、アプリケーションノートをPDF形式でダウンロードいただけます。
すべての食品および飲料用途のページに戻ります。

Product interface detection

詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
いつでも こちらから環境設定を変更したり、登録を解除したりできます。