トマトケチャップやトマトソースの製造におけるインラインBrix値計測

定番の調味料であるトマトケチャップやトマトソースは、通常トマト濃縮物または全皮をむいたトマトを原料に作られます。また、水、砂糖、酢、塩、調味料、デンプン由来の増粘剤も含まれています。

ケチャップの製造プロセスの監視と制御

ケチャップは、トマトペーストまたはトマトピューレを水で所定のBrix値濃度まで希釈することによって製造されます。その後、砂糖や甘味料、塩、防腐剤などの他の材料がレシピに従って加えられます。 

次に混合トマトペーストは殺菌と脱気に進み、その後、必要な一貫性を保つために均質化されます。 

アプリケーションノートでは、ヴァイサラ K-PATENTS® サニタリー屈折計により、ケチャップ製造プロセス全体の常時監視と制御を行う方法についてご紹介します。是非ダウンロードして、ご確認ください。

  • 混合/希釈タンク内:異なるサプライヤーからのトマトは濃度が異なる可能性があるため、屈折計により一定のBrix値を確保します。
  • 最終製品の貯蔵タンクへのインライン:製品が貯蔵タンクに保管される前に、屈折計により最終的な品質管理計測を実施できます。
  • 充填ライン内:屈折計は、ビン詰め前の最終製品の濃度を計測し、CIPプロセスを制御できます(製品の境界検出のアプリケーションノートをご参照ください)。 

フォームを記入いただくと、アプリケーションノートをPDF形式でダウンロードいただけます。
すべての食品および飲料用途のページに戻ります。

Tomato ketchup and sauces from tomato concentrate plant

詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
いつでも こちらから環境設定を変更したり、登録を解除したりできます。