HVAC計測

より良い屋内環境のために

自動化システムを構築する上で優先事項となる信頼性。ヴァイサラのHVACセンサと変換器は、高い信頼性を発揮するように設計されています。

ヴァイサラのHVAC向けeBookをダウンロードする

プロフェッショナル用途向けの高品質センサと変換器

当社の高品質計測機器のラインナップの中から、湿度、温度、二酸化炭素、差圧の変換器をお選びいただけます。ヴァイサラの変換器は、重要なインフラストラクチャの冷却と空調、デマンド制御空調、室内空気質の監視、および信頼性の高い要件を持つサイトの換気制御に特に役立ちます。

ヴァイサラのHVAC計測が選ばれる理由

  • 圧倒的な性能:ヴァイサラの変換器は、圧倒的な性能、計測結果の信頼性および低総所有コストが評価されています。
  • 5年保証当社は計測機器の品質維持と長い製品寿命に自信を持っています。HVAC変換器には、5年間の標準保証期間を提供しています。 
  • 持続可能な選択長期にわたるパフォーマンスの持続、現場校正のサポート、簡単なメンテナンス、交換可能な計測コンポーネント、および正確な計測により、HVACプロセス制御を改善することができます。
製品を見る

主な製品

Vaisala TMI110

TMI110 温度変換器

高精度の温度変換器であるTMI110は、HVAC自動化システムの冷却/加熱水温の計測向けに設計されています。この計測機器は迅速な応答性と正確性を備え、HVACシステムで信頼性の高い高精度の制御を実現します。

Museum stairs

Jade Smart Cloud

Combining industrial-grade measurements with secure and reliable wireless monitoring, Vaisala Jade Smart Cloud brings new levels of proficiency and flexibility for professionals.

HVAC製品カタログをダウンロードする

ヴァイサラHVAC変換器

独自の最先端ヴァイサラセンサ技術は、当社の多様な製品で使われています。ヴァイサラセンサの精度と長期安定性は、業界最高水準とされています。

カタログ(英語版/PDF)をダウンロード

HVAC関連のウェブセミナーを見る

ウェブセミナー

建物空調のパラダイムシフト:デマンド制御空調と室内空気質にこれから求められること

エネルギー効率の目標と良好な室内空気質のニーズにより、デマンド制御空調システムの用途に変化が起きています。デマンド制御空調と室内空気質の要件はこれからどのようになるのでしょうか。

参加登録

ウェブセミナー

HVACおよびその他のCO2計測用途におけるヴァイサラ CARBOCAP計測技術の特長

他の赤外線CO2計測技術と比較したCARBOCAP技術の利点をご紹介します。CARBOCAPが実際にどのように機能するか、そしてどのように役立つかについてご覧ください。

参加登録

ウェブセミナー

HVACのニーズに適したCO2センサの選択方法

ASHRAE 90.1やLEEDなどのさまざまな規格や認証スキームでのCO2センサの要件について、オンデマンドウェブセミナーをご覧ください。

参加登録

ウェブセミナー

アクションプラン:計測パフォーマンスを最適化するためのキャリブレーションリソース

さまざまな業界で効率および自動化の目標達成にセンサ計測が不可欠となっており、計測のパフォーマンスを維持できるかがこれらの成果の是非に直接関わっています。すべての精密計測機器と同様に、環境およびプロセス計測センサはメンテナンスフリーではなく、信頼性が高く正確なデータが得られるように維持するサービスが必要です。

参加登録

ウェブセミナー

データセンターの革新:エネルギー効率を最大化するための精度の重要性

このウェブセミナーでは、MuntersのMichael Gantert氏とヴァイサラのAnu Kätkäが、データセンターのエネルギー効率を最大化するための計測精度の重要性についてご説明します。

参加登録

ウェブセミナー

HVAC用途向け屋外湿度計測

HVAC用途での屋外湿度センサの使用についてご紹介します。蒸発冷却器とエコノマイザーは広く使用されており、規格によっては実際に要件として定めているものもあります。ただし、すべての湿度センサがこのタイプの計測に適しているわけではありません。

参加登録

ウェブセミナー

HVACシステムの湿度制御に最適な湿度パラメータの選び方

HVAC制御で使用するパラメータとして、HVAC分野では相対湿度(RH)が一般的に知られていますが、制御パラメータとして相対湿度が常に最適なオプションであるとは限りません。場合によっては、条件をより安定させる選択肢やシステムの試運転を容易にする選択肢が他にある場合があります。

参加登録

ウェブセミナー

HVACのエネルギー効率を改善する

相対湿度と温度を正確に計測することは、HVACのパフォーマンスを最適化するために重要です。屋外、屋内の湿度センサの計測値が得られない場合、エネルギー効率と快適さの両方が損なわれる可能性があります。

参加登録

人気の高いHVACブログと記事

ブログ

HVAC用途でCO₂を計測する理由

CO₂ センサに関して、通常、一般空調(HVAC)は注力するべき用途とは見なされていません。確かに周囲条件は良好な場合がほとんどでしょう。それでもやはり、センサには、信頼性が高く、メンテナンスが容易で、長期的に安定して計測できることが求められます。

続きを読む

ブログ

HVAC ダクト用センサ設置時のよくある落とし穴

この記事は、HVAC センサ設置時のよくある落とし穴について考察する 3 件からなるブログ記事シリーズの第 2 弾で、不適切な設置により発生する物理的な計測エラーに注目します。この記事の焦点は、HVAC ダクト用センサの設置時によくある誤りです。

続きを読む

ブログ

相対湿度 – その定義と重要な理由

環境試験室のような閉鎖されたシステムにいない限り、他の要因が結果に影響を与える可能性があることを覚えておくことが重要ですが、基本的なレベルでRHがどのように機能するかを理解するのに役立つ経験則がいくつかあります。

続きを読む

ブログ

相対湿度センサのドリフトはなぜ起こるのか

環境内のすべての気体は湿度センサと接触してドリフトの原因になる可能性があります。湿度センサには水分の出入りが必要であり、その際、他の気体も出入りすることになります。一般的に、強い匂いがする場合は何かが揮発しているという警告サインです。

続きを読む