大気環境の悪化は世界全体において最も深刻な環境健康問題であり、大気環境のモニタリングに向けた主要な牽引要素となっています。現在、一定の性能を備えた大気環境モニタリングステーションから正確なデータが提供されていますが、ネットワークとしては希薄です。小型の大気環境トランスミッターを使用して既存の測定を補完する新しい技術が誕生しています。

ヴァイサラでは、大気環境モニタリング向けの最新技術だけでなく、大気環境のモニタリング、推定、予測に関連する気象条件の計測も提供します。ヴァイサラの大気環境ソリューションは、小型の大気環境トランスミッターと気象ステーションのネットワークで構成され、データ取得ソフトウェアとデータ可視化ソフトウェアに加え、オプションで大気質分散モデリング機能も備えています。

  • AQT400シリーズ 大気環境トランスミッターは費用対効果に優れた大気環境計測機器であり、最も一般的なガス状汚染物質(NO2、SO2、CO、および O3)のほか、微小粒子状物質(PM2.5 および PM10)を測定します。AQT400シリーズは、米国の権威あるAQ-SPEC試験施設で評価済みです。 
  • WXT530シリーズ ウェザートランスミッターは、6つの主要な気象観測項目である気圧、温度、湿度、降水、風速、風向を計測できます。
  • NM10 観測ネットワークマネージャーは、計測機器の監視と制御、観測データへのアクセスを容易にする自動ネットワークマネージメントシステムです。センサネットワークから収集された包括的なデータによって、環境条件の詳細なレポートの作成や分析を可能にします。
  • 当社のパートナーから提供される分散モデルを通じて、大気環境の状況把握をさらに向上することができます。モデルを基に、排出源だけでなく汚染物質の拡散状況もより詳しく理解できます。

 

ヴァイサラのセンサ技術 - 大気環境改善のために

ヴァイサラ大気環境ネットワーク

 

大気環境トランスミッター

環境大気の測定は通常、地上に設置された固定式大気モニタリングステーションで行われます。

測定ネットワーク

補足的な大気環境モニタリングによって、高密度かつ費用対効果の高い測定ネットワークの構築ができます。このネットワークにより測定箇所を増え、大気環境に関するリアルタイムの情報へのアクセスが改善します。

ウェザートランスミッター

気象条件と大気環境は相互に影響し合うものです。気象予測は細分化の傾向にあり、同一都市内の異なる場所間の変動を検出することができます。

関連製品

大気環境に関する資料