vNet PoEデータロガーインターフェース

ヴァイサラ vNet PoE(Power over Ethernet)データロガーインターフェースはネットワーク接続用のクレードルで、DLシリーズデータロガーをイーサーネットに簡単かつ確実に、そして費用効率よく接続します。

+ さらに表示

特長

データインテグリティを担保
バックアップ電源を給電する無停電電源装置 (UPS) を使用することで、データインテグリティがより向上します。DLシリーズデータロガーはバッテリーを備えており、停電時もデータを記録することができます。
接続が低コストで、電源が多様に
vNet装置ではモニタポイントまでのAC電源の配線にかかる費用が不要で、オプションでvNetの電源をACからとることもできます。
供給電源(PoE非使用時の場合)
北米:最大出力12VDC/0.5A、入力120VAC
グローバル:最大出力12VDC/1.66A、入力100-240VAC
取り付けが容易
vNet PoEインターフェースを備えたDLデータロガーはLANケーブル配線があればどのような場所でも取り付け可能です。設置は電源を入れるだけで接続でき、モニタリングソフトウェアの viewLinc のAware機能を使用すれば電源を入れるだけで稼働します。