MHT410 オイル内水分水素温度変換器

ヴァイサラ MHT410 オイル内水分水素温度変換器は、変圧器内の絶縁油の代表点を直接計測し、信頼性の高い水素のトレンドデータと水分データを迅速に検出します。  

送電および配電設備の安全性確保のため、変圧器の絶縁油内にプローブを直接挿入して水素濃度と水分量を常時監視することは、予知保全を通じて変圧器の寿命を延ばすための最初のステップであり、総コストの削減につながります。5年保証により、本製品の高い信頼性を表しています。 

 
 
+ さらに表示

特長

変圧器内の絶縁油を直接計測
ポンプやメンブレンは必要ありません。MHT410は変圧器内の絶縁油の代表点を直接計測し、信頼性の高い水素のトレンドデータと水分データを迅速に検出します。
迅速な計測
信頼性の高い水素のトレンドデータと水分データを迅速に検出することで、変圧器内の状態をリアルタイムで監視できます。
独自のプローブ設計、高耐久性、取り付けが簡単
入力と出力の分離、IP66金属ハウジングを備えたEMC耐性機器です。 DNP3.0およびMODBUSに対応した標準的な通信プロトコルのため、既存の通信やSCADAのネットワーク内で簡単に展開可能です。MHT410はSCADAインターフェースで3チャンネルまでのアナログ出力が可能です。DNP3.0およびMODBUSに対応した標準的な通信プロトコルのため、既存の通信やSCADAのネットワーク内で簡単に展開可能です。MHT410は、SCADAインターフェースで3チャンネルまでのアナログ出力が可能です。

導入事例