MHT410 オイル内水分水素温度変換器

シリコンオイルを含むあらゆる絶縁液に対応し、
送電と配電を保護します。MHT410は停電を防いだり、事態が悪化する前に故障の可能性を検出したりするのに役立ちます。その結果として、総所有コストを削減し、より安全な運用を実現します。

MHT410は計測位置で動作し、変圧器の絶縁液から直接計測します。利点として、信頼性の高い水素のトレンドの計測値と水分データを迅速に検出できます。

確実な常時監視

水素濃度と水分量を常時監視することは、変圧器の動作寿命を延ばし、予知保全を実施するための最初のステップです。 

また、MHT410を当社の堅牢なIndigo520 変換器と組み合わせることで、洗練された WebUIと工業用途のローカルグラフ表示の両方から読み取りを行えるほか、MHT410に電力を供給できます。

標準の5年保証

MHT410は非常に堅牢であるため、 自信を持って5年保証を標準でご提供しています。最も過酷な条件でも、安心してご使用いただけます。 

 
 
+ さらに表示

特長

変圧器内のあらゆる絶縁液を直接計測
ポンプやメンブレンは必要ありません。MHT410 は変圧器内のあらゆる絶縁液を直接計測し、信頼性の高い水素のトレンドデータと水分データを迅速に検出します。
迅速な計測
信頼性の高い水素のトレンドデータと水分データを迅速に検出することで、変圧器内の状態をリアルタイムで監視できます。
独自のプローブ設計、高耐久性、取り付けが簡単
入力と出力の分離、IP66金属ハウジングを備えたEMC耐性機器です。 DNP3.0およびMODBUSに対応した標準的な通信プロトコルのため、既存の通信やSCADAのネットワーク内で簡単に展開可能です。MHT410はSCADAインターフェースで3チャンネルまでのアナログ出力が可能です。DNP3.0およびMODBUSに対応した標準的な通信プロトコルのため、既存の通信やSCADAのネットワーク内で簡単に展開可能です。MHT410は、SCADAインターフェースで3チャンネルまでのアナログ出力が可能です。

導入事例