MM70 ハンディタイプオイル内水分計 スポットチェック用

信頼性の高いMM70はオイルを使用するシステムの予防保全に適しています。相対水分飽和度の計測によりフリーウォーター発生の危険性を数値化し、潤滑油システムのトラブルを未然に防ぎます。圧力および温度に優れた耐久性を発揮します。

オプションのMI70 Link Windows®ソフトウェアにより、保存された計測データやリアルタイムデータをMM70からUSBケーブル経由でPCに転送することが可能です。

MI70 Link Windows®ソフトウェアのダウンロードはこちらから。(英語ページ)

 

特長
オイルの種類、使用期間、温度の諸条件に左右されない計測が可能-オイル飽和までの値を表示
インラインプロセスでボールバルブを介してチェックし、稼働中のオイル抽出が不要
堅牢で信頼性の高い設計
複数プローブの同時使用が可能:相対湿度、露点、CO₂プローブも接続可能
1973年から現場での実績を誇るヴァイサラ HUMICAP®センサ
+ さらに表示

特長

使いやすい
再校正用の基準オイルが不要です。
インラインプロセスの確認が容易
オイルの抽出は不要です。プローブはボールバルブを介してプロセスパイプ内に直接挿入できるため、稼働中のシステム内のオイルを抽出する必要がありません。
費用対効率に優れた複数プローブへの対応
ヴァイサラの相対湿度、露点、CO₂プローブにも対応しているため、複数のパラメータの計測器として多用途での使用が可能です。2種類のプローブを同時に接続することができます。

導入事例