HMT370EXシリーズ 本質安全防爆構造 湿度温度変換器

※HMT370EXは、本質安全防爆に対応したIECExおよびATEXの認証を取得していますが、FMおよびCSAの認証は申請中です。

本質安全防爆構造のHMT370EXシリーズは、ゾーン0およびゾーン20の危険場所での使用に最適です。本変換器は、相対湿度と温度の計測に加えて、他の湿度パラメータ(露点温度、湿球温度、絶対温度、混合比、水分濃度、水分質量分率、水蒸気圧、エンタルピー)も出力します。一般オイルおよび航空タービン燃料油の水分計測用モデルもご用意しています。


主な使用用途は、燃料貯蔵タンク、化学薬品製造、医薬品製造、食品製造、塗装ブースなど、湿度またはオイル内水分計測において本質安全防爆が必要とされる産業やプロセスが挙げられます。HMT370EXシリーズの最新校正証明書はこちらからご確認いただけます。

HMT370EXシリーズ変換器は、長らくご愛顧いただいておりますHMT360シリーズ変圧器の後継となる湿度温度変換器です。

HMT370EXシリーズは、異なる用途に合わせて様々なプローブからお選びいただけます。

  • HMP371 - 壁取り付けタイプ
  • HMP373 - 小型センサヘッドタイプ
  • HMP374 - 高圧環境向け
  • HMT375 - 高温環境向け
  • HMP377 - 高湿環境向け
  • HMT378 - 高圧パイプライン向け

一般オイルおよび航空タービン燃料油の水分計測向けモデルもあります。

  • HMT378F - 一般オイル向け
  • HMT378H - JET A-1 航空タービン燃料油向け

HMT370EXシリーズにはヴァイサラの優れたHUMICAP技術を使用しています。

特長
本質安全防爆構造(Exi)
交換可能なプローブ
取り外し可能なプローブモジュール
液晶ディスプレイ付きモデルとディスプレイなしモデル
ヴァイサラHUMICAP®センサ
ヴァイサラ Insightソフトウェアに対応
トレーサブルな校正(英文校正証明書付)
+ さらに表示

特長

本質安全防爆構造
HMT370EXシリーズは、変換器本体を爆発危険場所内に設置することができます。可燃性の液体、ガス、粉塵が存在する爆発の可能性がある環境において、連続計測に耐えるよう設計されています。このような環境で運用する場合に、追加の筐体は必要ありません。
取り外し可能なプローブ
危険場所外での校正の際に、変換器全体を取り外すことなく、プローブを簡単に交換および取り外すことができます。新しいプローブの取り付け時には、変換器から最新の設定を復元できるため、再設定を最小限に抑えることができます。
簡単な設定
出力設定と計測校正および調整は、オプションのローカルディスプレイから直接実行できます。あるいは、変換器をInsightソフトウェアに接続し、変換器とプローブの両方を一緒に、または別々に設定することも可能です。

導入事例