薬剤抽出:薬草ベースの医薬品

薬草ベースの医薬品は、液体-固体抽出、蒸留、プレス、精製、濃縮、発酵などのさまざまな操作で調製されます。主な操作は抽出または浸出です。

アプリケーションノートをダウンロードし、ヴァイサラ K-PATENTS® 製薬用屈折率計によるリアルタイムの濃度計測を利用して、製薬会社がどのように以下のことを行っているのかをご確認ください。

  • 必須の計測である、溶媒に溶解した API 含有量の増加の計測データをリアルタイムで取得。
  • 目標濃度を常時確保。
  • 安全で継続的な計測をインラインで行い、サンプリングによる製品汚染のリスクを排除。
  • 効果的で費用対効果に優れたプロセスを構築。
  • プロセスの開発およびスケールアップのためのツールとして屈折率計を使用。

アプリケーションノートは浸出操作に関するものであり、医薬品製造で屈折率を使用する利点と、屈折率計が液体-固体操作に最適な理由をより詳細に説明しています。このノートでは、最高の性能を発揮させるための推奨設置ポイントも紹介しています。

フォームを記入いただくと、アプリケーションノート(PDF)をダウンロードいただけます。

医薬品製造およびバイオテクノロジープロセスにおけるさまざまな用途を知るにはこちらをご覧ください。

Image
>
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
いつでも こちらから環境設定を変更したり、登録を解除したりできます。