アスピリンの結晶化

アスピリン(アセチルサリチル酸)は世界的に広く使用されている医薬品であり、その製造過程では、結晶化操作やサリチル酸と無水酢酸の反応などが行われます。

ヴァイサラ K-PATENTS® 製薬用屈折率計によるリアルタイムの濃度計測を利用することで、製薬会社がどのようなことが可能になったか、アプリケーションノートをダウンロードしてご覧ください。

  • 結晶化操作を制御する。
  • 母液濃度を監視する。

アプリケーションノートでは、医薬品製造で屈折率を使用する利点と、屈折率計が医薬品製造に最適である理由について、詳しく説明しています。このノートでは、最高の性能を発揮させるための推奨設置ポイントも紹介しています。

フォームを記入いただくと、アプリケーションノート(PDF)をダウンロードいただけます。

医薬品製造およびバイオテクノロジープロセスにおけるさまざまな用途を知るにはこちらをご覧ください。

Image
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
いつでも こちらから環境設定を変更したり、登録を解除したりできます。