PWDシリーズ 現在天気計・視程計

高精度で適応性が高く、海洋、交通、計画、一般的な予測などの用途に適切な現在天気計と視程計を、適正な価格で選択可能

    業界標準

    ヴァイサラ PWDシリーズ 現在天気計・視程計は、気象光学距離(MOR)、視程低下の要因、降水タイプの判別、降水量や降水強度の計測、レポート形式の組み合わせを提供します。高い精度と信頼性をすぐに提供し、簡単かつ経済的にアップグレードすることができます。

    本製品の信頼性と使いやすさは、多くの危険に晒されている陸上や水上の環境に最適です。これが、ヴァイサラのPWDセンサが業界標準として、世界中の主要都市、港湾、海洋エネルギー会社、空港で承認されている理由です。

    あらゆるニーズに対応するモデル

     

    ヴァイサラは、海洋、交通、計画、一般的な予測などの用途における視程および現在天気の計測の特有の課題に対応するために、PWDシリーズ 現在天気計・視程計を開発しました。

    PWDシリーズは、不要な機能に過剰な費用を費やすことなく、モニタリングや計画の目的を満たす正確なデータを収集するために、技術とセンサの適切な組み合わせが得られるようにさまざまな視程計測機器を提供します。

    本センサは、計測ニーズに応じて簡単かつ経済的にアップグレードすることができる、費用対効果に優れた信頼性の高いソリューションです。

    簡単な設置と拡張

    PWDセンサは小型かつ軽量で、工場出荷時に校正されており、プラグアンドプレイに対応しています。本センサは、スタンドアロンのユニットとしても、自動気象観測システム(AWOS)の一部としても、既存のマストに柔軟に取り付けて使用することができます。

    全てのモデルの計測機能は、変化するニーズに合わせて簡単かつ経済的にアップグレードすることができます。

    あらゆる条件下において高精度

    PWDシリーズは、リアルタイムの視程を正確に計測します。また、特定のモデルでは、降水タイプ、降水強度、降水量などのより詳細なデータを必要に応じて提供します。

    これらのモデルは、陸上や海上の最も過酷な条件下においても機能するように設計されています。ヴァイサラの先駆的な前方散乱方式の視程計の設計により、PWDシリーズは、激しい降水やみぞれの場合でも、比類のない一定した基準クラスの性能を提供します。

    経済的な所有コスト

    PWDシリーズの耐候性設計は精度を高めると同時に、維持費を削減します。頑丈なモジュラー設計には可動部品や消耗部品がないため、メンテナンスが限定され、修理が容易になります。

    また、視程を計測する光学センサ部は下向きのフードの中に取り付けられており、降水や埃からレンズが保護されています。PWDシリーズは、現場での故障率が非常に低いため、製品寿命の費用低減と負担軽減を実現します。

    オフィスで協力しているヴァイサラチーム

    ヴァイサラの現在天気計・視程計の導入についてご相談ください。

    お客様の特定のニーズを満たす視程計と現在天気計の適切な組み合わせについて、ヴァイサラへお問い合わせください。

    お問い合わせ先